トップ RSS ログイン

水・土砂防災研究ユニット

このページは古いページです。2016年4月1日より組織改編に伴い、ホームページを移設しました

新しいページはこちらです↓
http://mizu.bosai.go.jp/wiki2/

国立研究開発法人防災科学技術研究所の水・土砂防災研究ユニットでは、豪雨、強風、土砂崩れ、洪水、高潮などによる災害を未然に防止すること、あるいは被害を最小限にすることを目的として、これらの災害をもたらす自然現象の解明や災害の発生を予測する技術の開発を、観測、実験、数値シミュレーションの方法により進めています。

最新情報


プロジェクト研究「都市圏における複合水災害の発生予測に関する研究」の紹介

積乱雲の発生から消滅までの一連の過程を様々な測器と手法で観測するマルチセンシング技術の開発と、その観測データを数値シミュレーションに利用するためのデータ同化手法の高度化により、局地的豪雨の早期予測技術の開発を行う。また、地方公共団体等への情報提供・技術移転が可能な局地的豪雨による都市の浸水被害及び河川増水のリアルタイム予測技術、高潮等の沿岸災害の予測及び危険度評価技術、並びに集中豪雨に加えて地震の影響も考慮した土砂災害の危険度評価技術を開発する。さらに、水災害発生後の解析結果を速報として提供するとともに、極端気象による水災害の発生機構の解明を進める。

サブテーマの紹介

局地的豪雨の早期予測技術開発

複合水災害の予測技術開発

  局地的豪雨による都市水害のリアルタイム予測手法の開発
  沿岸災害の予測技術と危険度評価技術の開発
  豪雨と地震による複合土砂災害の危険度評価技術の開発

極端気象に伴う水災害の発生機構の研究




研究ユニットの紹介

研究分野の紹介

競争的資金等による研究

萌芽的な基礎研究及び基盤技術開発

今後のプロジェクト研究開発の萌芽となり得る独創的な基礎的研究を行うとともに、防災科学技術の発展に必要な計測技術、情報技術等の基盤技術の開発を行っています。

共同研究

研究成果

プロジェクト、萌芽的な基礎研究、外部資金による研究、共同研究の
それぞれの成果を閲覧できます。

災害調査報告

データ公開

水・土砂防災研究ユニットの公開データの紹介をします。

マスメディアへの取材対応

これまで水・土砂防災研究ユニットに関する取材・新聞記事などを紹介します。

研究施設の紹介

水・土砂防災研究ユニットの研究施設を紹介します。

ユニット内研究会

水・土砂防災研究ユニットで開催している研究会について紹介します。

スタッフの紹介

水・土砂防災研究ユニットに所属するスタッフを紹介します。

大学院生募集中

防災科学技術研究所で修士・博士の学位をとりませんか?水・土砂防災研究ユニットでは筑波大学の連携大学院方式により、大学院生の研究指導をおこなっています。詳しくは筑波大学連携大学院のページをご覧ください。

内部向け

  • お知らせ掲示板(要ログイン)
  • バグトラック(要ログイン)
  • 使い方ガイド(要ログイン)
  • 管理用ページ(管理者のみ)