トップ RSS ログイン

データ公開

水・土砂防災研究ユニットでは、これまでに以下の情報を公開しています。

台風災害データベースシステム(NIED-DTD)

台風災害データベースシステムは、1951年以降にわが国で発生した台風による災害や被害に関する情報を蓄積するデータベースシステムです。WebGIS機能を搭載しており、台風の経路と台風災害・被害の発生地点を同一地図画面上で知ることが出来ます。

沿岸災害危険度マップ

最大満潮時の海面の高さを基準とした日本全国の陸域高低マップ。大縮尺の地図、過去の沿岸災害情報、現在の潮汐情報も備えており、自分の住んでいるところの現況をWebGISを用いてインタラクティブに知ることが出来ます。

 

雲解像数値モデルによる降水強度予測実験(CReSS)

雲解像数値モデルCReSSによる降水強度の4時間先までの予測実験結果を
予測精度の検証のために公開しています。前日までの予測結果を公開します。