トップ RSS ログイン

データ同化による予測技術の向上

概要

マルチセンシング技術の開発」で開発された雲レーダやMPレーダの観測データを大気の数値モデルに同化し、数値予測の高度化を図り、現在よりも早い時間からの予測情報を作成する。

内容

 MPレーダを用いた熱力学リトリーバル(H23)
レーダ観測データを解析して算出した気温や気圧の偏差を数値モデルに同化する。
 (←局所スキャンによる高時間分解能3次元データの取得)
◆ ̄瀬譟璽瀬如璽燭瞭渦
MPレーダよりも早く、降水が発生する前に雲をレーダで捉え、その観測データを数値モデルに同化する。

担当

清水 慎吾

概念図

gainen.png

gainen2.png