トップ RSS ログイン

横須賀市の被害調査結果(平成20年4月8日大雨)

神奈川県横須賀市浦賀は横須賀市の南側に位置し、今回の調査地域は、浦賀駅から南へ約800m行った住宅街の斜面である。この地域の地質は、新生代逗子層の砂岩泥岩互層が分布している。

土砂災害被害の発生場所

uraga1.jpg

横須賀市浦賀周辺の地質図

uraga2.jpg

土砂災害現場の状況

土砂崩れが発生した現場は、防水シートが張られ地質は見ることができなかったが、崖上の土壌は、粘性土であった。付近の住民の話では、4月8日の14時30分頃に大きな音が聞こえて、崩れたとのことで、当時は強風で横殴りの雨であったとのことである。なお、崖の勾配は54°である。

浦賀土砂災害現場.jpg

平成20年4月8日大雨被害調査