トップ RSS ログイン

広島市に集中豪雨をもたらした降水システム3D

国土交通省のXRAIN(XバンドMPレーダー)で観測されたレーダー反射因子の三次元分布を土砂災害発生地点の南東上空から見た様子。白・青・黄色・赤の等値面はそれぞれ30dBZ、40dBZ、50dBZ、55dBZのレーダー反射因子(降雨強度換算で、それぞれ3mm/時、12mm/時、49mm/時、100mm/時)を示す。図中の赤球は、土砂災害が発生した安佐南区と安佐北区の位置を示す。1時の画像に表示されている矢印は高度15kmの高さを示すスケールである。地図情報は国土地理院地図(色別標高図)を利用。