トップ RSS ログイン

次世代豪雨・強風監視システムと高精度降水短時間予測技術の開発

首都圏に複数台のMPレーダ、ドップラーレーダからなるレーダ・ネットワーク:X-NETを構築して、暖候期に連続観測を行っています。X-NETのデータから雨量、風、降水粒子に関する情報を引き出して災害を引き起こす激しい気象擾乱を監視するとともに、X-NETのデータも利用して数時間先までの雨量を正確に予測するモデルの開発を進めています。

(1) MPレーダネットワークの構築と降雨観測

(2) 豪雨強風監視アルゴリズムの開発

(3) 降水短時間予測モデルの開発

sub1.png