トップ RSS ログイン

真木 雅之

略歴:

 2011年4月〜 防災科学技術研究所観測・予測研究領域長
 2006年4月 防災科学技術研究所、水・土砂防災研究部、部長
 2005年4月 防災科学技術研究所、防災基盤科学技術研究部門、部門長、
 2000年4月 防災科学技術研究所、気水圏研究部大気水循環研究室室長
 1992年10月 国立防災科学技術研究センター(現防災科学技術研究所)、主任研究員
 1985年9月 国立防災科学技術研究センター研究員
 1985年6月 北海道大学理学部助手
 1983年3月 北海道大学大学院理学研究科修士課程地球物理学専攻 修了
 1981年3月 北海道大学理学部地球物理学科 卒業

 (もう少し詳しく

 学位等:
  理学博士(北海道大学、1989年12月)

 在外研究:
  米国国立シビアストーム研究所(科学技術庁長期在外研究員、1990年1月〜、1年間)
  オーストラリア気象局気象研究センター(JST在外研究員、1998年4月〜、2年間)

 兼務:
  2007年〜現在   筑波大学連携大学院 教授(兼任)
  2006年〜現在   横浜市立大学非常勤講師
  2007年〜2008年  京都大学防災研究所非常勤講師

受賞歴:
  2011年 つくば賞(奨励賞)「マルチパラメータレーダによる降雨量推定手法の開発」
  2001年 防災科学技術研究所理事長表彰(業績表彰)「先端的レーダシステムによる災害をもたらすメソスケール大気現象の研究」

 委員等:
  2009年-現在  地球惑星連合評議委員
  2008年-現在  水文・水資源学会理事
  2008年-現在  国土交通省「Xバンドレーダ分科会」委員
  2009年-2011年 自然災害協議会委員(京都大学)
  2010年-     科学技術・学術審議会専門委員(文部科学省研究開発局)
  2008年-2009年 国土交通省「北部レーダ精度検討委員会」委員
  2007年-2010年 水文・水資源学会編集出版委員
  2007年-    内閣府竜巻等調査委員会(調査団の一員として米国出張)
  2003年-2006年 観測船「みらい」運用検討委員会(JAMSTEC)委員

 所属学会等:
  日本気象学会、米国気象学会、水文・水資源学会、日本雪氷学会
  日本山岳会、山の自然科学フォーラム

研究テーマ

研究業績

  • 口頭発表(真木)

連携大学院講義(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

連絡先

〒305-0006 茨城県つくば市天王台3-1
防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部