トップ RSS ログイン

水土砂防災研究部の研究内容

プロジェクト研究

気象・土砂災害による被害の軽減のために、現在2つのプロジェクトを実行しております。

MPレーダを用いた土砂災害・風水害の発生予測に関する研究
局所的な豪雨や強風の監視と予測技術を開発し、1時間先までの都市型水害および土砂災害の危険度の予測手法を開発します。
台風災害の長期予測に関する研究
様々な情報が一覧できる台風災害データベース、地殻変動の影響を除去した高精度な海岸線データベース、数値シミュレーション技術を活用し、地球温暖化などに伴い予想される台風災害の予測技術の開発と危険度評価マップの作成を行っています。

萌芽的な基礎研究及び基盤技術開発の促進

今後のプロジェクト研究開発の萌芽となり得る独創的な基礎的研究を行うとともに、防災科学技術の発展に必要な計測技術、情報技術等の基盤技術の開発を行っています。

競争的資金等外部からの資金導入による研究開発の推進

防災科学技術研究所の技術シーズを活用し、文部科学省等の政府機関、科学技術振興機構や日本学術振興会等の各種団体からの競争的資金の獲得や民間企業等との資金提供型共同研究を行っています。