トップ RSS ログイン

全体概要(台風)

 台風災害リスク軽減の観点から防災対策としての社会基盤整備や住民の避難対策策定に貢献するため、今後予想される台風災害による長期的な脆弱性の変化を予測し、災害予測マップを作成し公開します。そのため、スーパーコンピュータを用いた大気モデルおよび災害予測モデル(波浪モデル等)の先進的シミュレーション技術により、地球温暖化時に予想される台風に伴う降雨や波浪の頻度や強度の変化を予測します。当研究所が独自に構築してきた予測マップの基盤となる台風災害データベースや高精度の海岸線データベースに対して改良や機能補強をし、最終的にモデル予測結果を組み合わせた予測マップを作成します。