トップ RSS ログイン

都市の水害発生状況

 私達は、上流のダムや遊水池による洪水調節、堤防の嵩上げ補強等の河川改修や都市下水道の整備により、洪水を河川や貯水池等に押さえ込み、水災害に弱い低平地を経済活動や生活の場として最大限に利用してきました。しかし、東京、福岡,名古屋等の都市で、雨水を安全に排水できないほどの激しい豪雨が発生し、大きな浸水被害が発生しています。特に、都市域の洪水は急激に発生し、気づいた時には既に危険な状況になってしまっており、地下室や道路の凹地浸水で死傷者も発生しています。これら急激に変化する都市水害に対して、身を守るためには周囲の潜在的な危険性を理解し,水害に遭遇した時にも落ち着いて、周辺の状況把握と今後の推移状況の把握に努め、周辺住民の方々と協力して、適切な対策をとることが益々重要となっています。
 都市域に地域の排水能力を上回る豪雨が発生すると、普段何でもない生活の場が、洪水氾濫により危険な状態になります。道路は川となり、坂道は非常に危険な所となります。マンホールや側溝の蓋の飛散する所も現れます。道路の凹地、鉄道や幹線道路を潜るアンダーパス、谷を渡る盛り土道路の上流側等では、短時間のうちに高い浸水になる恐れがあります。そうした地域に地下室、地下駐車場、地下道、地下街、地下鉄等の入り口があると、氾濫水が地下へ流れ込む危険があります。特に、容積の少ない地下室などの地下空間は浸水位の上昇速度が速く、急激に危険な状態になります。
 こうした危険な状態がラッシュ時や夜間に起こったり、落雷等で安全システムや排水ポンプが作動しなかったり、適切な対策が遅れたり等々悪条件が重なって、更に深刻な被害が発生することも予想されます。

fig1

◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼
amerisuku