トップ RSS ログイン

博士前期課程「陸域水循環システム論掘

水文隔測解析論掘ξΠ菴綵朶張轡好謄猩性 (秋BC・月2)

担当教員 : 三隅良平・下川信也
授業概要 : 陸域水循環の研究に関して,国内外の最新の研究成果を文献紹介などにより議論する。
備考: 出席・受講態度(発表内容や質問などの積極性)により評価する。

日程 論文名 担当者
11/16(月) ガイダンス 下川
11/30(月) Comparison of rainfall nowcasting derived from the STEPS model and JMA precipitation nowcasts Shakti P.C. Ryohei Misumi Tsuyoshi Nakatani Koyuru Iwanami Masayuki Maki Alan W. Seed Kohin Hirano 寺内
12/7(月) Rebbeca. Albright et al. Coral reef metabolism and carbon chemistry dynamics of a coral reef flat DOI: 10.1002/2015GL063488 (2015) 柴山
12/14(月) Eearly Evaluation of Ku- and Ka-Band Sensitivities for the Global Precipitation Measurement (GPM) Dual-Frequency Precipitation Radar (DPR) Koichi Toyoshima Hirohiko Masunaga Fumie A. Furuzawa 桜井
12/21(月) Applicability of the Adjoint Sensitivity-Based Data Assimilation Method: Radar Data Assimilation for Heavy Rainfall Cases over the Korean Peninsula Yonghan Choi Gyu-Ho Lim Dong-Kyou Lee 寺内
12/28(月)
1/19(火) Ellen Quataert et al. The influence of coral reefs and climate change on wave-driven flooding of tropical coastlines DOI: 10.1002/2015GL064861 (2015) 柴山
1/25(月) The weakening summer circulation in the Northern Hemisphere mid-latitude Coumou et al.(2015) 桜井
2/1(月)
2/8(月)

・担当者は人数分の論文のコピーを用意すること
・異なる専門分野をもつ者に対しても分かり易くプレゼンを行うこと
・担当者に対し、積極的に(気楽に)質問をすること