トップ RSS ログイン

2010年12月3日牛久市で発生した突風被害の現地調査(速報)

(本記事は速報です。内容は変更されることがあります。)

2010年12月3日午前8時30分頃、茨城県牛久市南で突風による被害が生じた。現象の解明に資するため、現地へ赴き被害状況の調査や聞き取り情報の収集を行った。

調査員

鈴木 真一、三隅 良平、栢原 孝浩、石丸 友紀乃

聞き取り内容

牛久市南7丁目周辺

・雷が鳴っていて、強い雨が一時弱くなった後、強い風が吹いてきた。
・色々なものが風で舞っており、上空で渦を巻いていた
・自分の家の前では、風は北から南へ吹いていた。
・ゴミが上空に巻き上げられているのを見た。時刻は8:30前ごろ。
・空が灰色になり、雨と雷が見られた。
・ゴーという音を聞いた。
・部屋の中にいたので、見ていないけど、バタバタという音がしたので、雹でも降っているのかと思っていると、次にダダダダという音がした。窓に葉がついていた。
・雹は降っていなかった。
・何かの柱?が屋根に刺さった家もある。
・雷が鳴り、大雨が降って、雨が弱まってきたときに、物がぐるぐる回っているのが見えた。
・近くにはないはずの、杉の葉が飛んでいた(この家の少し先の道路に杉の枯葉が散らばっていた)。

向台小学校(児童からの聞取り)

・強い風が吹いた時間には学校にいた。1時間目の授業が始まる前だった。
・向台小学校の近くで渦が見えた
・すごく大きい渦だった。3階よりも高かった。
・校舎の窓ガラスにひびが入った。
・高さ1メートルくらいのフェンスが無くなっていた。
・太い木が折れた。

被害の様子

牛久市南7丁目周辺

・屋根の損壊
roof1.jpg
roof3.jpg

・樹木の折れ
broken_woods1.jpg

・飛来物
hirai_butsu.jpg

向台小学校周辺

・飛ばされたフェンス。入り口の窓ガラスも割れたが、既に修理されていた。被害があったのは西に面したガラスであった。
school_fence.jpg

・強風により折られた木
school_tree.jpg

・雑木林で折れた木。東→西向きに倒れていた。
bent_tree.jpg

現地の略図

ushikumap.gif
・被害が目立つのは南7丁目の南側であった。
・被害の分布は、幅 100 m 程度で向台小学校から南7丁目へ延びていた。

謝辞

牛久市交通防災課の方には被害地の場所を教えていただきました。
また、現地にお住まいの方々および児童の皆様には、被災したばかりであるにも関わらず、聞き取り調査に協力していただきました。ここに記して謝意を表します。