トップ RSS ログイン

2014年台風第11号の経路に類似する台風について

  • 2014年8月9日13:00作成

概要

2014年7月29日に,マリアナ諸島付近で熱帯低気圧から発達した台風第11号は,8月4日午後に,フィリピンの東で進路を北に変えて北上したいます.8月9日午前9時現在,中心気圧955hPa,中心付近の最大風速40m/sで,鹿児島県の東海上をゆっくり北上しています.

 ここでは「台風災害データベースシステム」の「接近台風表示機能」を使用して,類似した経路をもつ過去の台風を検索した結果を示します.

類似台風の検索結果

 2014年台風11号と類似した経路をもつ台風として,1990年台風19号および2009年台風18号の2つが検索されました。

図1

類似経路をもつ台風による被害

台風 死者・行方不明者 負傷者 全壊 半壊 床上浸水 床下浸水 最低気圧 参考
0919 40 131 175 7238 10945 890 気象要覧
0918 5 137 9 89 572 3065 910 気象要覧

1990年台風19号の概要

 期間降水量は、四国、紀伊半島の山沿いの一部では900〜1,100mmに達した。豊岡(兵庫県豊岡市)で515.5mm、三島(愛媛県伊予三島市)で569mmのほか、四国、中国、近畿、東海地方の広い範囲で平野部でも200〜400mmになった。また東北地方でも北部を中心に期間降水量が200〜300mmとなった。 台風が強い勢力で通ったため、室戸岬(高知県室戸市)で最大風速43.3m/s(最大瞬間風速61.2m/s)を観測したほか、南西諸島や九州から東海にかけて最大風速が20〜30m/sとなったところがあった。20日には、静岡県石廊崎で8.07mの有義波高を観測した。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/1990/19900911ty/19900911.html

2009年台風18号の概要

 この台風は、非常に強い勢力を保ったまま、南西諸島から西日本に接近し、強い勢力で上陸したため、沖縄地方から北海道地方にかけての広い範囲で暴風となった。また、台風をとりまく発達した雨雲の影響で、8日朝に茨城県と千葉県で竜巻が発生した。この台風により、愛知県東海市東海で8日5時48分までの1時間に83.5mmの猛烈な雨が降ったほか、近畿地方の一部で6日から9日までの総雨量が300mmをこえるなど、沖縄地方から北海道地方の広い範囲で大雨となった。7日から9日には南西諸島から北日本の太平洋側や日本海沿岸、オホーツク海沿岸で高さ4mをこえるしけとなり、近畿や東海の太平洋側と伊豆諸島では、高さ9mをこえる猛烈なしけとなったところもあった。
 この台風により、和歌山県、埼玉県および宮城県で死者5名となり、沖縄地方から北海道地方の広い範囲で住家損壊、土砂災害、浸水害等が発生した。農業・林業・水産業被害や鉄道の運休、航空機・フェリーの欠航等による交通障害が発生した。さらに、茨城県土浦市と龍ケ崎市、千葉県九十九里町等では、竜巻により負傷者や住家損壊が発生した。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/2009/20091006/20091006.html

「台風災害データベース」の利用法について(参考)

http://ccwd07.bosai.go.jp/DTD2/index.html

 「接近台風表示」機能を用いると,過去に被害をもたらした台風を検索し,経路を表示することができます.類似経路をでは,現在の台風の位置と,1.5度以上(または3度以上)離れた前の位置との2点付近を通過し,かつ過去に被害をもたらした台風を抽出します.現在の台風の経路に似た,どのような台風が過去に存在したか知ることができます.

<接近台風表示の下の画面にエラーが出る場合は,上の画面の接近台風表示ボタンをクリックしてください>

問合せ先

栢原 孝浩