トップ RSS ログイン

CReSSによる台風9号の積算雨量と地上風の再現実験

2007年9月6日21:00-2007年9月7日10:00における
30分毎の1時間積算雨量の再現実験結果。
ベクトルは地表付近における風を示す。
神奈川県海老名市に設置したMPレーダの位置(黒い四角)と
その観測範囲(半径80 km)を重ねて示す。
図の左上に日本時刻を示す。

繰り返しご覧になりたい場合は、ブラウザの「更新」ボタンを押してください。

この結果は以下の4つのシミュレーションの結果をつなぎ合わせたものである。

  • 2007年9月6日21:00-2007年9月7日01:00
  • 2007年9月7日00:00-2007年9月7日04:00
  • 2007年9月7日03:00-2007年9月7日07:00
  • 2007年9月7日06:00-2007年9月7日10:00

それぞれの計算における初期時刻から1時間の間は
モデルのスピンアップのため降水量が過小評価されているので、
前の時刻のシミュレーションの結果を採用した。
例)9月7日00:00-9月7日01:00の降水量は、
2007年9月6日21:00-2007年9月7日01:00のシミュレーション結果を
採用した。

2007年9月6日21:00-01:00における再現結果

台風の中心が伊豆半島付近から北上して関東平野に上陸した。
その結果、関東地方に南東風が強く吹き込み続け、
関東の広い範囲で降水が続いた。
神奈川県南部、伊豆半島、丹沢山系に強い降水(32-64 mm/h)が再現されていた。
また、千葉県北部から茨城県南部にかけて、
台風のスパイラルバンドに対応する強い降水が再現されており、
気象庁レーダの観測結果とよく一致した。

2007年9月7日01:00-04:00における再現結果

台風の中心が伊豆半島付近から東京都西部に北上して、
関東の広い範囲で降水が続いた。
特に神奈川県南部に強い降水(32-64 mm/h)が0時30分から
3時30分まで持続した。

2007年9月7日04:00-07:00における再現結果

台風はその移動速度を上げて東京都西部から埼玉県北部に北上した。
その結果、主な降水域の分布が大きく変化した。
東京都西部、埼玉県全域、北関東のほぼ全域に強い降水が見られた。

2007年9月7日07:00-10:00における再現結果

台風の移動速度は急速にあがり、8時頃までに関東を抜けた。
主な降水域は北関東の東側に限定された。