トップ RSS ログイン

Help

注意

30 分過ぎると自動的にログアウトします。
こまめに保存をお願いします。

すべてのプラグインの使い方

こちらを参照

見出し

行を!ではじめると見出しになります。見出しは3レベルあります。

!!!大見出し
!!中見出し
!小見出し

大見出し

中見出し

小見出し

テキスト装飾

シングルクォート2つで囲むと''イタリック''になります。
シングルクォート3つで囲むと'''ボールド'''になります。
これは==打ち消し線==です。
これは__下線__です。

シングルクォート2つで囲むとイタリックになります。
シングルクォート3つで囲むとボールドになります。
これは打ち消し線です。
これは下線です。

引用

""これは引用です。
""これも引用です。

これは引用です。

これも引用です。

説明

:項目:説明文
項目
説明文
::項目
:::説明文は複数行にわけて書くこともできます。
:::こんな感じで。
項目
説明文は複数行にわけて書くこともできます。こんな感じで。

項目

行を*ではじめるとリストになります。リストは*の個数に応じて3段階までネストすることができます。

*項目1-1
**項目2-1
**項目2-2
***項目3-1
*項目1-2
**項目2-3
  • 項目1-1
    • 項目2-1
    • 項目2-2
      • 項目3-1
  • 項目1-2
    • 項目2-3

行を+ではじめると番号付きリストになります。

+番号付き項目1
++番号付き項目1-1
+番号付き項目2
+番号付き項目3
  1. 番号付き項目1
    1. 番号付き項目1-1
  2. 番号付き項目2
  3. 番号付き項目3

リンク

*http://www.yahoo.co.jp/
*[Google|http://www.google.co.jp/]
*[[FrontPage]]
*[[トップ|FrontPage]]

(「トップ」というページが存在しないが、「トップ」を表示させ、
それをクリックすると「FrontPage」へ移動する)

テーブル

CSVはテーブルになります。1行目がヘッダになります。

,1-1,1-2,1-3
,2-1,2-2,2-3
1-1 1-2 1-3
2-1 2-2 2-3

整形済テキスト

行頭をスペースまたはタブではじめると整形済テキストとして扱われます。

これは整形済テキストです。
入力したとおりに表示されます。

水平線

行頭に----と書くと水平線になります。

----

コメント

行を//ではじめるとその行はコメントとみなされます。コメント行は一切出力されません。

//これはコメントになります。画面には出力されません。

InterWiki

まずはInterWikiName?にサーバを記述します。URLの別名アンカをリストとして記述します。必要に応じて別名アンカのあとに続けて文字コードを指定します。

*[Google|http://www.google.co.jp/search?hl=ja&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja&q=] sjis
*[YukiWiki|http://www.hyuki.com/yukiwiki/wiki.cgi?] euc

次のように使用します。

[[YukiWiki:Perl]]
[[Google:Perl]]

別名でアンカを作成することも可能です。

[[Googleで検索|Google:Perl]]

Keyword

Keyword?にキーワードを記述しておくと任意のテキストに自動的にリンクがはられます。キーワードは通常の別名アンカをリストで記述しておくだけです。URLとWikiページのどちらでもOKです。

*[Google|http://www.google.co.jp]
*[[Wiki|Wikiクローン]]

ヘッダ、フッタ、サイドバー

Header、Footer、Menuという名前のページを作成するとそれぞれヘッダ、フッタ、サイドバーが表示されます。また、EditHelperというページを作成するとページの編集画面の下部にヘルプとして表示されます。

画像の添付方法

  1. サイズを変更しなくてもいい場合
    1. 図を張りたいページで「編集」
    2. 下の「添付ファイル」の場所の「参照」を選び、添付したいファイルをサーバへ送る
    3. 再び「編集」を選び、図を挿入したい場所で、「{{ref_image 添付ファイル名}}」
  1. ref_imageではオリジナルの図のサイズを変更できない。
  2. imageという関数を使う
    1. 図を張りたいページで「編集」
    2. 下の「表示用の画像ファイル」の場所の「参照」を選び、添付したいファイルをサーバへ送る
    3. 再び「編集」を選び、図を挿入したい場所で、「{{image:添付ファイル名,,alt:名前,size:50%}}」

とすると、50%に縮小された図が添付される。
例){{hoge.jpg,,alt:sample,size:50%}}

添付ファイル(ダウンロードしてもらう用)の添付方法

ある既存のページで、あるファイル(例えばpdf)ダウンロードしたい。
参照例としては、「主な成果」のページのように。

1) そのページを「編集」し、「添付ファイル」の欄で、「参照」ボタンを
押して、添付したいファイルを選び、「添付」ボタンを押す。

2)本文で{{ref 添付ファイル名}}とすると、そのファイルをダウンロードできるようになる。

文字の装飾

利用方法

文字列全体指定

装飾したい文字列がある場合、下記のように指定致します。
{{word 文字列,属性}}
属性には色の指定、また数字を指定する事でサイズを変更できます。
(単位を指定しない場合はpxサイズ)その他、下記の指定単語にてさまざまなスタイルを設定できます。(引数は無制限に指定可能、同意の属性は、後指定優先)

例文

練習します

文字列の装飾

自由度が結構高いですね


  • 属性設定指定単語
    1. 文字の色:whiteやredなど
    2. サイズ:xx-small,x-small,small,medium,large,x-large,xx-large,smaller,larger
    3. 太さ:bold(b でも可),lighter,bolder
    4. 装飾:underline(u でも可),overline,line-through(s でも可),blink
    5. 背景色:bgcolor:色(bg でもOK:は半角スペースでもOK)
    6. その他: p,pre,sup(文字上げ),sub(文字下げ),blockquote(bq でも可)

一部分指定

また、文字列の一部を装飾したい場合は、引数の文字列部分に以下のように装飾指定をする事で記述可能です

例:
{{word 文字列に'''装飾'''をしたいな,red,bolder,bgcolor:green}}

文字列装飾指定方法

  • 一部を太字にする
'''指定単語'''
  • 一部を斜体にする
''指定単語''
  • 一部にアンダーラインにする
__指定単語__
  • 一部を取り消し線表示にする
==指定単語==
  • 一部の色を変えたい時は、下記の特殊な別名指定を行う
[color 指定単語(カンマか半角スペース)色(カンマか半角スペース)サイズ1-7]

例:

[color テスト,red]
※サイズは省力可能。色の所に数字を入れるとサイズだけの変更も可能。color は、c と省略で書いても可能。[色(#数字で指定) 指定単語(,サイズ)] : という記述で一部の色変更にも対応。(カンマはスペースでもOK)
  • 一部の文字列にルビを振りたい場合
[ruby 単語(カンマか半角スペース)ルビ]
※ruby は、rb と省略で書いても可能。
  • ページ内anchorの設定と利用
    • 指定文字列のアンカーを定義する。(ネーム属性)
[name(カンマか半角スペース)単語]
<A name=単語> と同意
    • リンクの記述
[link(カンマか半角スペース)別名(カンマか半角スペース)ページ名(カンマか半角スペース)指定属性]
      • 指定属性については、属性(:値)形式で記述する
      • 対応属性は、以下の5つ
      • color:色指定
      • bold
      • bg(color):色指定
      • target:値
      • name:指定ネーム属性

例:

{{word '''[link トップページ FrontPage color:red target:_top]''',xx-small}}

テキストの画像化

指定した文字列が透過PNG画像に変換されます.

{{txt2image 画像化したい文字列}}

任意の場所で改行(brプラグイン)

{{br}}で任意に改行出来ます。