国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

•平成30年台風第10号と類似した経路の過去の台風

更新履歴

  • 平成30年7月19日 第1版

連絡先 

  • 水・土砂防災研究部門 栢原・飯塚

 平成30年7月19日12時 更新情報

  • 9713:1997年台風第13号、8909:1989年台風第9号、8809:1988年台風第9号

概要

7月19日現在、沖縄の南東に位置する台風第10号が北西へ移動しており、今後、沖縄付近を通過することが予想されています。(http://www.jma.go.jp/jp/typh/)。
私たちが運用している「台風災害データベースシステム」*を利用して、今後予想される台風第10号の経路と類似する経路を取った過去の台風の被害や雨の分布を示します。
*台風災害データベースシステム(http://ccwd07.bosai.go.jp/DTD2/index.html
※最新の台風と類似した経路の台風情報は、http://mizu.bosai.go.jp/wiki2/wiki.cgiをご覧ください)。

今後の台風第10号と類似した経路を取った台風として、1980年以降では1997年台風第13号、1989年台風第9号、1988年台風第9号などがありました。

1997年台風第13号

マリアナ諸島の東海上で台風となった第13号は西北西へ進み、超大型で非常に強い勢力に発達し16日には沖縄東方海上へ進んだ。台風は勢力を保ちながら、17日には沖縄本島と宮古島の間を通過し、超大型で強い勢力で大陸東岸の長江下流付近に上陸した。この台風により、死者1人、負傷者10人、半壊2棟、一部破損2棟、床上浸水5棟、床下浸水28棟の被害が生じた(気象要覧) 。


1989年台風第9号

宮古島の近海を通過し、中国大陸に上陸した。

1988年台風第9号

沖縄本島の近海を通過し、中国大陸に上陸した。

※台風経路および雨量分布の作図には、気象庁のベストトラックデータおよびアメダスデータを利用しています。また、作図にはGMTおよびGrADSを利用しています。