国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

業績リスト(三隅良平)

研究論文・報告書(*は査読なし)


58) R.Misumi, Y. Uji, Y. Tobo, K. Miura, J. Uetake, Y. Iwamoto, T. Maesaka and L. Iwanami, 2018, Characteristics of droplet size distributions in low-level stratiform clouds observed from Tokyo Skytree, Journal of the Meteorological Society of Japan, 96, 405-413.

57) R.Misumi, N. Sakurai, T. Maesaka, S.-I. Suzuki, S. Shimizu, and K. Iwanami, 2018: Transition process from non-precipitating cumuli to precipitating convective clouds over mountains: Observation by Ka-band Doppler radar and stereo photogrammetry. J. Meteor. Soc. Japan, 96A, 51-66.

*56) 三隅良平・清水慎吾・栢原孝浩・若月 強・平野洪賓・酒井将也・池永隆博・蚘 優子,2018,平成27年9月関東・東北豪雨におけるメソスケール対流系の特徴および常総市の浸水深調査の結果について,主要災害調査,51,1-10.

55) P.C.,Shakti, R.Misumi, T. Nakatani, K. Iwanami, M. Maki, T. Maesaka, and K. Hirano, 2016, Acuracy of quantitative precipitation estimation using operational weather radars: A case study of heavy rainfall on 9-10 September 2015 in the East Kanto region, Japan, Journal of Disaster Research, 11, 1003-1016.

*54) 三隅良平・清水慎吾・出世ゆかり,2016,2013年台風26号に伴う伊豆大島の大雨−レーダーで観測された降雨の特徴について−,主要災害調査,50,19-34.

53) P.C.,Shakti, R.Misumi, T. Nakatani, K. Iwanami, M. Maki, A. Seed, and K. Hirano, 2015, Comparison of rainfall nowcasting derived from the STEPS model and JMA precipitation nowcasts, Hydrological Research Letters, 9, 54-60.

*52) 真木雅之・山路昭彦・桃谷辰也・中垣壽・三隅良平・中谷剛・Shakti, P. C.,2015,ゲリラ豪雨の直前予測に関する学内実験,平成26年度「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書,37-44.

51) Y. Shusse, M. Maki and S. Shimizu, K. Iwanami, T. Maesaka, S. Suzuki, N. Sakurai, R.Misumi, 2015, Relationship between precipitation core behavior in cumulonimbus clouds and surface rainfall intensity on 18 August 2011 in the Kanto region, Japan, Journal of the Meteorological Society of Japan, 93, 215-228.

50) R.Misumi, H.Motoyoshi, S.Yamaguchi, S.Nakai, M.Ishizaka and Y.Fujiyoshi, 2014, Empirical Relationships for Estimating Liquid-Water Fraction of Melting Snowflakes. Journal of Applied Meteorology and Climatology, 53, 2232-2245.

49) N.Nishiwaki, R.Misumi, S.Shimizu, T.Maesaka, K.Iwanami, N.Sakurai, M.Maki, S.Suzuki, A.Kato and A.Yamaji, 2013, Behavior and Structure of Convective Clouds Developing around a Mountainous Area Observed by Stereo Photogrammetry and Ka-Band and X-Band Radars: Case Study of Northern Kanto, Japan, Journal of the Meteorological Society of Japan, 91, 609-626.

48) 廣井慧・妙中雄三・ 中山雅哉・横山仁・中谷剛・三隅良平・砂原秀樹,2013,気象観測網を活用した水害向け危険指標生成モデルの提案とその評価,電子情報通信学会論文誌B,J96-B,1198-1205.

47)廣井慧・横山仁・中谷剛・山内 正人・瀬戸 芳一・安藤 晴夫・三隅良平・妙中 雄三・中山 雅哉・砂原 秀樹,2013,短時間強雨等の局地的極端現象に対する高校生の防災意識向上に向けた気象センサネットワークの活用,情報処理学会論文誌:コンシューマ・デバイス&システム,3(1),10-20.

*46)松下くるみ・三隅良平・前坂剛・岩波越,2013,東京都における内水氾濫被害の要因分析,防災科学技術研究所研究報告,80,27-46.

45)佐藤高広・若月強・平野洪賓・岩波越・三隅良平・加藤敦・吉井 護・鈴木真一・佐藤 昌,2013,平成23年台風第12号災害における和歌山県那智勝浦町の被害及び消防活動と住民行動,自然災害科学,31,265-281.

44) Nakai, S., T. Sato and A. Sato, H. Hirashima, M. Nemoto, H. Motoyoshi, K. Iwamoto, R.Misumi, I. Kamiishi, T. Kobayashi, K. Kosugi, S. Yamaguchi, O. Abe, M. Ishizaka, 2012, A Snow Disaster Forecasting System (SDFS) constructed from field observations and laboratory experiments., Cold Regions Sci. Tech., 70, 53-61.

43)S.Yoshida, R.Misumi, S.Shimizu, T.Maesaka, K.Iwanami and M.Maki, 2012, Validation of Short-Term Forecasting of Meso-γ-Scale Convective Systems Based on a Cell-Tracking System, Scientific Online Letters on the Atmosphere, 8, 141-144.

42)N.Sakurai, K.Iwanami, T.Maesaka, S.Suzuki, S.Shimizu, R.Misumi, D.Kim and M.Maki, 2012, Case study of misoscale convective echo behavior associated with cumulonimbus development Observed by Ka-band Doppler Radar in the Kanto Region, Japan., Scientific Online Letters on the Atmosphere, 8, 107-110.

*41)廣井慧・横山仁・中谷剛・山内 正人・瀬戸 芳一・安藤 晴夫・三隅良平・中山 雅哉・砂原 秀樹,2012,気象センサネットワークを活用した短時間強雨に対する高校生の防災教育システム,東京都環境科学研究所年報,2012,186-193.

40)A.Kato, M.Maki and K.Iwanami, R.Misumi, T.Maesaka, 2012, Quantitative Precipitation Estimate by Complementary Application of X-band Polarimetric Radar and C-band Conventional Radar, IAHS Red Book Series, 351, 169-175.

*39) 三隅良平・清水慎吾,2012,雲解像モデルを用いた土砂災害予測の試み −2004年台風22号の通過に伴う横浜市の災害事例−,防災科学技術研究所研究報告,79,25-30.

*38) 吉井 護・三隅良平・加藤敦・前坂剛,2012,平成22年7月5日石神井川豪雨におけるMPレーダを活用した水防活動,防災科学技術研究所研究報告,79,31-43.

37) 三隅良平・真木雅之・岩波越,2011,レーダ雨量に基づく土砂災害の発生評価 −都市域を対象に、神奈川県の場合―,天気,58(8),697-704.

*36) 三隅良平,2010,2009年7月21日山口豪雨における気象状況−局地前線と地形効果−,防災科学技術研究所 主要災害調査報告書,44,1-9.

*35) 加藤敦・三隅良平・平野洪賓・川田真也,2010,2009年と2003年の福岡豪雨における浸水被害と降雨の時空間変動,防災科学技術研究所 主要災害調査報告書,44,11-20.

*34) 平野洪賓・三隅良平・加藤敦・若月強・川田真也,2010,平成21年7月中国・九州北部豪雨における山口市大歳地区浸水災害の特徴,防災科学技術研究所 主要災害調査報告書,44,27-38.

*33) 川田真也・植竹政樹・三隅良平・若月強,2010,平成21年7月中国・九州北部豪雨における防府市の被害と消防活動,防災科学技術研究所 主要災害調査報告書,44,63-77.

32) N.Nishiwaki, R.Misumi and M.Maki, 2010, Relationship between Orographic Enhancement of Rainfall Rate and Movement Speed of Radar Echoes: Case Study of Typhoon 0709, Journal of the Meteorological Society of Japan, 88, 931-936.

31) R.Misumi, A.Hashimoto, M.Murakami, N.Kuba, N.Orikasa, A.Saito, T.Tajiri, K.Yamashita and J.P.Chen, 2010, Microphysical structure of a developing convective snow cloud simulated by an improved version of the multi-dimensional bin model, Atmospheric Science Letters, 11, 186-191.

30) S.Suzuki, T.Maesaka, K.Iwanami, R.Misumi, S.Shimizu and M.Maki, 2010, Multi-Parameter Radar Observation of a Downburst Storm in Tokyo on 12 July 2008, Scientific Online Letters on the Atmosphere, 6, 53-56.

29) 加藤敦・真木雅之・岩波越・三隅良平・前坂剛,2009,Xバンドマルチパラメーターレーダ情報と気象庁レーダ情報を用いた降水ナウキャスト,水文・水資源学会誌,22,372-385.

*28) 高堀章・前坂剛・三隅良平,2009:Xバンドマルチパラメー タレーダによる降雨量推定−複数仰角PPIデータを用いた改善効果について,防災科学技術研究所研究報告,73,41-47.

27) 三隅良平・圓山憲一,2008:下層空気の収束による積乱雲の降水強化−形成される下層雲の役割に注目した数値実験−,天気,55(7),567-580.

*26) 真木雅之・三隅良平・前坂剛、岩波越、鈴木真一、清水慎吾、平野廣和、山田正、加藤拓磨、小林文明、鈴木靖、守屋岳、増田有俊、竹下航,2008,竜巻監視技術の開発―Xバンドレーダネットワーク「X-NET」−,科学技術振興調整費成果報告書,101-135.

25) C.Takahashi, H.Uyeda, M.Maki,K.Iwanami and R.Misumi, 2008, Relationships among Structures, Development Processes, and Heating Profiles for Two Mesoscale Convective Systems in Inactive Phase of a Large-Scale Disturbance over Northern Australia during the Southern Summer in 1998-1999 , Journal of the Meteorological Society of Japan, 86, 81-117.

*24) 前坂剛・清水慎吾・真木雅之・岩波越・三隅良平,2007,ドップラーレーダー情報を利用した竜巻発生予測に関する研究―台風0111に伴って発生した竜巻の事例―,北海道佐呂間町で発生した竜巻による甚大な災害に関する調査研究 研究成果報告書,83-97.

*23) 三隅良平,2006,平成16年7月新潟・福島豪雨および福井豪雨における気象擾乱と降雨変動,主要災害調査,40,9-32.

22) 三隅良平・真木雅之・岩波越・前坂剛・圓山憲一,2006,マルチパラメータレーダを用いた降雨観測に基づく表層崩壊危険域の推定,降雨時の斜面モニタリング技術とリアルタイム崩壊予測に関するシンポジウム論文集,19-24.

21) M.Maki, K.Iwanami, R.Misumi, S.-G.Park, H.Moriwaki, K.Maruyama, I.Watabe, D.-I.Lee, M.Jang, H.-K.Kim, V. N. Bringi, and H.Uyeda, 2005, Semi-operational rainfall observations with X-band multi-parameter radar , Atmospheric Science Letters, 6(1), 12-18."

20) S.Nakai, K.Iwanami, R.Misumi, S.-G.Park and T.Kobayashi, 2005, A Classification of Snow Clouds by Doppler Radar Observations at Nagaoka, Japan, SOLA, 1, 161-164.

*19) 三隅良平・圓山憲一,2004,降水形成過程の数値モデリング,防災科学技術研究所研究報告,65,77-96.

*18) 播磨屋敏生・千葉ゆきこ・真木雅之・岩波越・三隅良平,2004,ミリ波レーダとマイクロ波放射計を用いた雲水量鉛直プロファイルの測定,北海道大学地球物理学研究報告,67,251-268.

17) 三隅良平・小口高・真木雅之・岩波越,2004,分布型流出モデルを用いた表層崩壊危険域のリアルタイム予測,自然災害科学,23,415-432.

*16) 中井専人・岩波越・三隅良平・朴相郡・清水増治郎・小林俊市,2003,新潟県中部の雪雲モード別降水分布,防災科学技術研究所研究報告,64,9-17.

*15) 三隅良平,2001,降雨分布ダウンスケーリングモデル,全球水文成果報告書,147-158.

*14) 三隅良平・真木雅之・岩波越、飯塚聡、天野貴文,2001,全球水循環モデルでの降水システムの再現性,全球水文成果報告書,343-347.

*13) 三隅良平,2001,1998年北関東・南東北豪雨における降雨の集中機構について,主要災害調査,37,13-36.

12) R.Misumi, V.A.Bell and R.J.Moore, 2001, River flow forecasting using a rainfall disaggregation model incorporating small-scale topographic effects, Meteorological Applications, 8, 297-305.

*11) 三隅良平,1999,1998年8月4日新潟豪雨におけるメソ低気圧の通過について,主要災害調査,36,19-33.

*10) 金田昌樹・三隅良平・千葉長,1998,防災科学技術研究所積雲対流モデルについて,防災科学技術研究所研究報告,58,137-148.

9) 三隅良平,1998,降雨モデルを用いた土砂災害予測の試み,自然災害科学,17,177-188.

8) R.Misumi, 1996, A study of the heavy rainfall over the Ohsumi Peninsula (Japan) caused by Typhoon 9307 , Journal of the Meteorological Society of Japan, 74, 101-113.

*7) 森脇寛・中根和郎・三隅良平・実渕哲也,1995,平成5年8月豪雨による鹿児島災害調査報告,主要災害調査,32,48-72.

6) R.Misumi, 1994, Variations of large-scale characteristics associated with the increment of Baiu precipitation around 1950, Journal of the Meteorological Society of Japan, 72, 107-121.

5) R.Misumi, M.Divjak, S.Tanahashi and T.Takeda, 1994, A numerical study on the formation of organized convective storms: Part I. Formation patterns of long-lasting cells, Journal of the Meteorological Society of Japan, 72, 235-253.

4) R.Misumi, M.Divjak, S.Tanahashi and T.Takeda, 1994, A numerical study on the formation of organized convective storms: Part II. Dependence of "broken-line formation" of squall-line on its line direction, Journal of the Meteorological Society of Japan, 72, 873-884.

*3) 藤吉康志・吉本直弘・三隅良平、越田智喜、武田喬男、岩崎博之,1993,Lモード筋状雲の気流構造,「都市の豪雪災害の予測と軽減・防除に関する研究」文部省科研費成果報告書No.A-4-2,210-219.

*2) 藤吉康志・吉本直弘・三隅良平、越田智喜、武田喬男、岩崎博之,1993,高島岬の風下で発達する降雪雲の構造,「都市の豪雪災害の予測と軽減・防除に関する研究」文部省科研費成果報告書No.A-4-2,220-230.

*1) 藤吉康志・吉本直弘・三隅良平、越田智喜、武田喬男、岩崎博之,1993,下層風系と石狩湾上の降雪雲の形成過程,「都市の豪雪災害の予測と軽減・防除に関する研究」文部省科研費成果報告書No.A-4-2,231-240.

書籍、一般記事、会議録ほか


17) 三隅良平,2018,小型無人航空機を用いた風速の推定,気象研究ノート,236,82-90.

16) 三隅良平,2017,「気象災害」特集にあたって,安全工学,56,408.

15) 三隅良平,2017,近年の気象災害の様相と問題点,安全工学,56,409-415.

14) 三隅良平,2017,雨はどのような一生を送るのか,ベレ出版,1-307.

13) 中谷剛・三隅良平監修,2017,「豪雨のメカニズムと水害対策〜降水の観測・予測から浸水対策、自然災害に強いまちづくりまで〜」、NTS、372pp.

12) 三隅良平・岩崎杉紀・道端拓朗・竹見哲也・山下克也・佐藤陽祐・當房豊・大畑祥・橋本明弘・折笠成宏・田尻拓也・村上正隆,2016,第17回国際雲・降水会議(ICCP2016)の報告,天気,63,862-868.

11) 三隅良平,2016,本だな「気象災害の事典―日本の四季と猛威・防災―」新田尚 監修,酒井重典・鈴木和史・饒村曜 編,天気,63,39-40.

10) 三隅良平,2016,本だな「避難の科学―気象災害から命を守る―」古川武彦 著,天気,63,104.

9) T. Nakatani, R. Misumi, Y.Shoji, K.Saito, H.Seko, N.Seino, S.Suzuki, Y.Shusse, T.Maesaka, and H.Sugawara, 2015, Tokyo Metropolitan Area Convection Study for Extreme Weather Resilient Cities, Bulletin of the American Meteorological Society, 123-126. http://journals.ametsoc.org/doi/abs/10.1175/BAMS-D-14-00209.1.

8) 三隅良平・中谷剛・小司禎教・瀬古弘・斉藤和雄・清野直子・鈴木真一・出世ゆかり・平野洪賓・足立アホロ・山内洋,2015,第2回TOMACS国際ワークショップの報告―首都圏をフィールドとした極端気象に関する国際共同研究の進捗―,天気,62,511-516.

7) 三隅良平,2014,気象災害を科学する,ベレ出版,271pp.

6) 三隅良平,2014,気象災害の犠牲者はなぜ減らないのか,シノドス,http://synodos.jp/fukkou/10340

5) 中谷剛・三隅良平・小司禎教・斉藤和雄・瀬古弘・清野直子・鈴木真一・出世ゆかり・前坂剛・菅原広史,2014,第1回TOMACS国際ワークショップの報告−WMO世界天気研究計画・研究開発プロジェクトの開始−,天気,61,557-564.

4) 三隅良平,2014,広島土砂災害:降雨観測・予測から防災へ,科学,84,1115-1118.

3) 三隅良平,2014,繰り返される豪雨被害(寄稿),中国新聞2014年9月13日朝刊.

2) 三隅良平,2014,自治体職員に求められる気象災害への備え:気象レーダ情報の有効活用法,月刊ガバナンス11月号,163,26-28.

1) T.Kayahara, S.Shimokawa and R.Misumi, 2014, A Typhoon Disaster Database System, Natural Disasters: Typhoon and Landslides (K. Linwood, ed.), nova publishers, 151-165.

口頭発表予稿・プロシーディング


224) 三隅良平・宇治靖・木枝香織・前坂剛,2018,高い雲粒数濃度をもつ下層雲における降水形成,東京理科大学大気科学研究部門第2回成果報告会,11-12.

223) 三隅良平,2018,平成29年7月九州北部豪雨について,防災科学技術研究所第13回成果発表会,2018年2月7日,丸ビルホール.

221) R. Misumi, 2017, Plan of Contribution to the Area-BCM project in Thailand, Meeting on Area-BCM in Thailand, Chulalongkorn University, Bangkok.

220) 篠原徹・酒井将也・若月強・中谷剛・三隅良平・池永隆博,2017,平成26年8月広島豪雨において消防職員が土砂災害現場で必要とした消防防災技術と情報共有のあり方について,第36回日本自然災害学会学術講演会予稿集,II-2-4.

219) Uetake, J.,, Y. Tobo and R. Misumi, P. DeMott, T. Hill, S. Kreidenweis, 2017, Seasonal Changes of Bacteria Measured on a High Elevation Tower in Tokyo, 2017 AAAR Annual Conference Abstracts, 2BA.19."

218) 前田麻人・三浦和彦・森樹大・佐藤光之介・佐藤丈徳・三隅良平・岩本洋子,2017,2016年及び2017年に東京スカイツリーで測定された都市上空の雲凝結核特性,日本気象学会2017年秋季大会講演予稿集,P252.

217) 三隅良平,2017,水防災観測・予測手法、データ解析の最新動向〜気象レーダを中心に〜,Area‐BCM:SATREPSプロジェクト発足シンポジウム,2017年7月14日."

216) R.Misumi, 2017, Review of the urban TOMACS program, Fifth Workshop for Beijing Field Study of Urban-Impacts on Rainfall and Fog/Haze (SURF-5).

215) 三隅良平,2018,高い雲粒数濃度をもつ下層雲におけるドリズル形成,2017年度エアロゾル・雲・降水の相互作用に関する研究集会,.

214) 橋本明弘・三隅良平・折笠成宏,2017,バルク法雲物理モデルを用いた粒子特性診断の精緻化に向けて,第19回非静力学モデルに関するワークショップ,http://www3.u-toyama.ac.jp/climate/NHM_meeting/NHM_meeting_2017_program.pdf

213) 橋本明弘・林修吾・伊藤純至・山田芳則・折笠成宏・本吉弘岐・石坂雅昭・山下克也・山口悟・中井専人・三隅良平,2017,JMA-NHM降雪種再現性の評価,日本気象学会2017年度春季大会講演予稿集,P109.

212) 三隅良平・宇治靖・三浦和彦・岩本洋子・當房豊・植竹淳・前坂剛・岩波越,2017,東京スカイツリーで観測された下層雲の特徴,エアロゾル・雲・降水に関する研究集会,国立極地研究所.

211) 三隅良平・宇治靖・三浦和彦・岩本洋子・當房豊・植竹淳・前坂剛・岩波越,2017,東京スカイツリーで観測された下層雲の雲粒粒径分布の特徴 ,東京理科大学大気科学研究部門第1回成果報告会要旨集,28.

210) Y Tobo, J Uetake, Y Uji, Y Iwamoto, K Miura, and R.Misumi, 2017, Routine measurements of atmospheric ice nucleating particles on the Tokyo Skytree, Atmospheric Ice Nucleation Conference, Leeds, UK.

209) 三隅良平・宇治靖・三浦和彦・岩本洋子・當房豊・植竹淳・前坂剛・岩波越,2016,東京スカイツリーで観測された下層雲の雲粒粒径の特徴,日本気象学会2016年秋季大会講演予稿集,A166.

208) 橋本明弘・三隅良平・折笠成宏,2016,多次元ビン法微物理モデルを用いたバルク法粒子クラスの検討,日本気象学会2016年秋季大会講演予稿集,P328.

207) R.Misumi, H.Motoyoshi, S.Yamaguchi, S.Nakai, M.Ishizaka and Y.Fujiyoshi, 2017, Empirical Relationships for Estimating Liquid Water Fraction of Melting Snowflakes , Abstracts of International Workshop of falling snow and snow cover, .

206) Motoyoshi, H., R. Misumi, M. Ishizaka, S. Nakai and K. Yamashita, 2016, Quantitative Estimation of Contribution of Raindrop flux to total precipitation intensity in Mixed Phase Precipitation from Optical Disdrometer Data, Abstracts of The 17th International Conference on Clouds & Precipitation, P16.13.

205) Hashimoto, A., M. Murakami and R.Misumi, 2016, Cloud microphysics simulation using multi-dimensional bin-microphysics model, Abstracts of The 17th International Conference on Clouds & Precipitation, P8.24.

204) R.Misumi, N.Sakurai, T.Maesaka, S.Suzuki, S.Shimizu, and K.Iwanami, 2016, Evolution of convective clouds initiated over mountains observed by Ka-band scanning Doppler radar and stereo photogrammetry, Abstracts of The 17th International Conference on Clouds & Precipitation, P3.10.

203) R.Misumi, N.Sakurai, T.Maesaka, S.Suzuki, S.Shimizu, and K.Iwanami, 2016, Evolution of convective clouds initiated over
mountains observed by Ka-band scanning Doppler radar and stereo photogrammetry, Abstracts of Third International Workshop on Tokyo Metropolitan Area Convection Study for Extreme Resilient Cities, 8.

202) 三隅良平,2016,東京スカイツリー雲・エアロゾル観測計画について,研究集会「エアロゾル−雲相互作用について語らう会」,国立極地研究所.

201) 出世ゆかり・前坂剛・木枝香織・三隅良平・櫻井南海子・岩波越,2015,2014年8月に広島県に豪雨をもたらした降水システムの特徴,自然災害研究協議会中国地区部会研究論文集,9-10.

200) 三隅良平・櫻井南海子・前坂剛・鈴木真一・清水慎吾・岩波越,2015,山岳の風下斜面における積乱雲の発生過程−ステレオ写真およびKaバンドレーダ観測による事例解析,日本気象学会2015年度秋季大会講演予稿集,P122.

199) 橋本明弘・三隅良平・村上正隆,2015,多次元ビン法NHMによる氷粒子の表現,日本気象学会2015年度秋季大会講演予稿集,B205.

198) 三隅良平・清水慎吾・出世ゆかり・Shakti P.C.・前坂剛・岩波越,2015,平成27年9月関東・東北豪雨をもたらした降水系の特徴,防災科学技術研究所第11回成果発表会,29.

197) 三隅良平,2015,多次元ビン法モデルによる降雪粒子の表現:パーセルモデル実験,研究集会「寒冷域における降雪観測や雪結晶の研究と教育の今後の展望」,国立極地研究所.

196) 三隅良平・菅原広史・清水暁・瀬古弘,2014,無人航空機による風速の測定,「気候変動に伴う極端気象に強い都市創り」課題1「稠密観測による極端気象のメカニズム解明」研究会,35.

195) 三隅良平・清水慎吾・出世ゆかり,2014,2013年伊豆大島豪雨における降水系の特徴,第33回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,107-108.

194) 出世ゆかり・前坂剛・木枝香織・三隅良平・櫻井南海子・岩波越,2015,2014年8月に広島県に豪雨をもたらした降水システムの特徴,自然災害研究協議会中国地区部会研究論文集,9-10.

193) R.Misumi, H.Seko and H.Sugawara, 2014, Measurement of wind velocity over ocean using an unmanned aerial vehicle, Abstracts of Second International Workshop on Tokyo Metropolitan Area Convection Study for Extreme Weather Resilient Cities (TOMACS/RDP).

192) 平野洪賓・真木雅之・前坂剛・岩波越・三隅良平・中谷剛,2014,VILを用いた豪雨予測 -10分先雨量ナウキャスト-,日本気象学会2014年春季大会講演予稿集,B157.

191) Shakti, P.C., R.Misumi and T.Nakatani, M.Maki, A.Seed, 2014, Nowcasting of rainfall over Kanto region, Japan using Short Term Ensemble Prediction System (STEPS), 日本気象学会2014年春季大会講演予稿集, B158.

190) 中谷剛・三隅良平・磯敦雄・高橋尚也・中村功・土屋修一,2014,極端気象の住民への提供に関する検討,日本気象学会2014年春季大会講演予稿集,B159.

189) 三隅良平,2014,極端気象の監視・予測システムの開発,公開シンポジウム「最先端レーダを社会に活かす」要旨集,16-17.

188) 内山庄一郎・井上公・三隅良平,2014,SfMによる雲の三次元形状モデル生成に関する試行的研究,日本気象学会2014年秋季大会講演予稿集,P1a0.

187) 三隅良平,2014,雪片含水率に関する3つの経験式とバルク雲物理モデルの改良,降雪に関するレーダーと数値モデル
による研究(第13回)要旨集,11-12."

186) 三隅良平・菅原広史・清水暁・瀬古弘,2014,無人航空機による風速の測定,「気候変動に伴う極端気象に強い都市創り」 課題1「稠密観測による極端気象のメカニズム解明」研究会,P35."

185) 三隅良平・菅原広史・清水暁,2013,無人航空機による風速の測定,日本気象学会2013年度秋季大会講演予稿集,P3a0.

184) 平野洪賓・真木雅之・前坂剛・岩波越・三隅良平・中谷剛,2013,XバンドMPレーダVILを用いた降水ナウキャストの開発,日本気象学会2013年度秋季大会講演予稿集,P1a3.

183) 出世ゆかり・岩波越・三隅良平・鈴木真一・前坂剛・清水慎吾・櫻井南海子・木枝香織,2013,関東平野で発生した夏季雷雲の雲微物理構造と時間発展,日本気象学会2013年度秋季大会講演予稿集,P126.

182) 本吉弘岐・三隅良平・石坂雅昭・中井専人・藤吉康志,2013,地上降雪観測による融解層に伴う霙の含水状態の観測,日本気象学会2013年度秋季大会講演予稿集,P123.

181) 中谷剛・三隅良平・磯敦雄・高橋尚也・高井聖,2013,局所的大雨に対する江戸川区の取り組み―極端気象に強い都市創り(TOMACS)の試み―,,342-345.

180) 磯敦雄・中谷剛・三隅良平・高橋尚也・佐藤高広,2013,平成24年九州北部豪雨における情報伝達と避難行動 自治体・消防団・自治会・住民への詳細なヒアリング調査,日本災害情報学会第15回学会大会予稿集,310-313.

179) R. Misumi, H. Motoyoshi, S. Yamaguchi, S. Nakai, M. Ishizaka and Y. Fujiyoshi, 2013, Ground-based observation of liquid-water fraction of melting snowflakes, Davos Atmosphere and Cryosphere Assembly 2013, 389.

178) 出世ゆかり・真木雅之・岩波越・三隅良平・前坂剛・清水慎吾・櫻井南海子,2013,夏季積乱雲における降水コアの挙動と地上降雨との対応,日本地球惑星科学連合 2013年連合大会,AAS23-05.

177) 荒木健太郎・橋本明弘・三隅良平・村上正隆,2013,高精度ビン法雲微物理モデルの開発,日本気象学会2013年度春季大会講演予稿集,C301.

176) 出世ゆかり・真木雅之・岩波越・三隅良平・前坂剛・清水慎吾・櫻井南海子,2013,夏季積乱雲における降水コアの挙動と地上降雨との対応,日本気象学会2013年度春季大会講演予稿集,A202.

175) 外狩麻子・鈴木博人・三隅良平・真木雅之,2013,局地的大雨に適応した降雨観測技術を用いた鉄道防災への検討,平成25年度砂防学会研究発表会,A-14.

174)外狩麻子・島村誠・森島啓行・三隅良平・真木雅之,2012:局地的大雨に適応した鉄道防災への取組み,平成24年度砂防学会研究発表会概要集, R3-15.

173)外狩麻子・島村誠・森島啓行・三隅良平・真木雅之,2012:局地的大雨に適応した降雨観測手法による運転規制の検討,第47回地盤工学研究発表会講演集,1013.

172)真木雅之・三隅良平・鈴木真一・小林隆久・足立アホロ・中村功・中谷剛,2012,気候変動に伴う極端気象に強い都市創り(TOMACS)の概要,日本気象学会2012年度春季大会講演予稿集,D151.

171)三隅良平・本吉弘岐・山口悟・中井専人・石坂雅昭・藤吉康志,2012,霙の含水率に関する経験式,日本気象学会2012年度春季大会講演予稿集,P253.
池田直紀・三隅良平・前坂剛・岩波越,2012,Xバンドマルチパラメータレーダを用いた2010年台風9号に伴う豪雨の解析,日本気象学会2012年度春季大会講演予稿集,P260.

170)R.Misumi, H.Motoyoshi, S.Yamaguchi, S.Nakai, M.Ishizaka and Y.Fujiyoshi, 2012, Observation of liquid-water content in the precipitation in melting layer , Extended Abstract of 16th International Conference on Cloud and Precipitation, P12.3.

169)N.Sakurai, K.Iwanami, T.Maesaka, S.Suzuki, S.Shimizu, R.Misumi, D.Kim and M.Maki, 2012, Case study on first echo associated with cumulonimbus development observed by Ka-band Doppler radar in the summer season in the Kanto region, Japan , Extended Abstract of 16th International Conference on Cloud and Precipitation, P6.9.

168)N.Sakurai, K.Iwanami, S.Suzuki, T.Maesaka, S.Shimizu, A.Kato, K.Kieda, R.Misumi, D.Kim and M.Maki, 2012, Characteristics of polarimetric parameters in the thunderstorms observed by X-band dual polarization radar in the summer season in the Kanto region, Japan , Short Abstract of 16th International Conference on Cloud and Precipitation, P3.33.

167)鈴木真一・岩波越・清水慎吾・前坂剛・櫻井南海子・三隅良平,2012,2分間隔のボリュームスキャンでみた発達した積乱雲の時間発展,日本気象学会2012年度秋季大会講演予稿集,A309.

166)清水慎吾・櫻井南海子・岩波越・前坂剛・鈴木真一・三隅良平・金東順,2012,Kaバンドレーダを用いた積乱雲の早期検出・同化予測手法の開発,日本気象学会2012年度秋季大会講演予稿集,A310.

165)栢原孝浩・前坂剛・真木雅之・三隅良平,2012,MPレーダ1分値を用いた関東における降雨特性,日本気象学会2012年度秋季大会講演予稿集,P118.

164)櫻井南海子・清水慎吾・出世ゆかり・岩波越・前坂剛・鈴木真一・三隅良平,2012,XバンドMPレーダと広帯域VHF帯デジタル干渉計を用いた夏季に発生する雷雲の3次元観測—MPレーダを用いた雷監視システム構築に向けた研究—,日本気象学会2012年度秋季大会講演予稿集,P126.

163)三隅良平,2012,雪片含水率の観測とモデル化,ワークショップ「降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究(第11回)」予稿集,.

162)橋本明弘・三隅良平・村上正隆・R.D.Farley,2012,多次元ビン法微物理モデルを利用したバルク法微物理モデルの開発・改良,日本気象学会2012年度秋季大会講演予稿集,D162.

161) 櫻井南海子・岩波越・鈴木真一・前坂剛・清水慎吾・加藤敦・木枝香織・三隅良平・真木雅之,2012,関東地方の暖候期に発生する雷雲の内部構造と偏波パラメータの特徴,日本大気電気学会第86回研究発表会,35.

160) M.Maki, R.Misumi, S. I. Suzuki, T. Maesaka, A. Kato, T. Kayahara, S. Shimizu, T. Wakatuski, Y. Syusse, K. Hirano, T. Nakatani, K. Iwanami, N. Sakurai, D. S. Kim, M. Ishihara, T. Kobayashi, A. Adachi, O. Suzuki, H. Yamauchi, H. Nakamura, A. Hattori, S. Tuchita, T. Kato, A. Yamaji, Y. Murayama, T. Yoshiwara, Y. Fujiyoshi, Y. Suzuki, T. Ushio, K. Sunada, T. Yamada, H. Nakamori, F. Kobayashi, H. Yokoyama, H. Hiraguchi, S. Kawada, M. Yoshii, A. Togari, M. Goto, K. Otsuka, M. Wada, D. I. Lee, and C. V. Chandra, 2011, Monitoring and prediction of torrential tainfall for extreme weather resilient cities, 35th Conference on Radar Meteorology, 148."

159) 三隅良平・本吉弘岐・山口悟・中井専人・石坂雅昭・藤吉康志,2012,雪片含水率観測とモデル化,ワークショップ「降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究(第10回)」,防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター.

158) 三隅良平,2011,那智勝浦町における聞き取り調査,平成23年台風第12号、第15号による豪雨に関する研究会 天気 59(3),188.

157) 三隅良平,2011,メッシュ化された雨量データについて,第3回 GIS Landslide 研究集会.

156) 三隅良平・清水慎吾・櫻井南海子・吉田翔・石丸友紀乃,2011,局地的豪雨をもたらす積乱雲の対流ターレットの挙動:事例解析,レーダ研究会、防災科学技術研究所.

155) 三隅良平・清水慎吾・櫻井南海子・吉田翔・石丸友紀乃,2011,局地的豪雨をもたらす積乱雲の対流ターレットの挙動:事例解析,日本気象学会2011年度秋季大会講演予稿集,P346.

154) 櫻井南海子・岩波越・鈴木真一・前坂剛・清水慎吾・加藤敦・木枝香織・三隅良平・真木雅之,2011,関東地方の暖候期に発生する雷雲の内部構造 −偏波パラメタで見た落雷位置上空における雷雲の特徴−,日本気象学会2011年度秋季大会講演予稿集,P149.

153) 櫻井南海子・岩波越・前坂剛・鈴木真一・清水慎吾・三隅良平・金東順・真木雅之・岩崎博之,2011,Kaバンドレーダを用いた積乱雲発生初期の観測,日本気象学会2011年度秋季大会講演予稿集,P148.

152) 金東順・真木雅之・前坂剛・清水慎吾・岩波越・三隅良平・Dong-In Lee,2011,Xバンドマルチパラメータレーダにより観測された局地的大雨の雲物理学的構造 −2008年8月5日の雑司が谷豪雨の事例解析−,日本気象学会2011年度秋季大会講演予稿集,P147.

151) 岩波越・鈴木真一・三隅良平・前坂剛・清水慎吾・櫻井南海子・金東順・真木雅之・出世ゆかり・岩崎博之,2011,積乱雲の一生の観測計画 −局地的大雨の早期予測に向けて−,日本気象学会2011年度秋季大会講演予稿集,C211.

150) 吉田翔・三隅良平・清水慎吾・加藤敦・真木雅之・前坂剛・岩波越,2011,セル追跡を用いた降水ナウキャストの精度検証,日本気象学会2011年度秋季大会講演予稿集,C163.

149) 吉田翔・三隅良平・清水慎吾・真木雅之・前坂剛・岩波越・小林文明・山田正・山路昭彦,2011,メソγスケール対流系の雨量と高度1kmの風の収束の関係,日本気象学会2011年春季大会予稿集,P213.

148) 出世ゆかり・真木雅之・岩波越・三隅良平・鈴木真一・加藤敦・前坂剛・清水慎吾・平野洪賓・櫻井南海子・木枝香織,2011,2010年7月5日に東京都北部豪雨をもたらした降水システムの雨滴粒径分布と降水セルの振る舞い,日本気象学会2011年春季大会予稿集,A405.

147) 金東順・真木雅之・清水慎吾・前坂剛・岩波越・三隅良平・Dong-In Lee,2011,2台のXバンドマルチパラメータレーダにより検出された局地的大雨の降水コア,日本気象学会2011年春季大会予稿集,A404.

146) 櫻井南海子・清水慎吾・岩波 越・前坂 剛・三隅良平・加藤 敦・鈴木真一・木枝 香織・真木雅之,2011,2010 年6 月29 日に埼玉県南部に豪雨と落雷をもたらした降水システムについて,日本地球惑星科学連合 2011年連合大会,U022-P08.

145) 真木雅之・前坂剛・岩波越・三隅良平・鈴木真一・加藤敦・清水慎吾・櫻井南海子・キムドンスン・出世ゆかり・平野洪賓・山田正・小林文明・佐野哲也・砂田憲吾・守屋岳・山路昭彦・杉本聡一郎・平口博丸・川田真也・吉井護・リードンイン・木枝香織・星亜由美,2011,首都圏におけるXバンドマルチパラメータレーダネットワーク(X-NET),日本地球惑星科学連合 2011年連合大会,U022-P01.

144) 鈴木真一・岩波越・前坂剛・清水慎吾・櫻井南海子・三隅良平・真木雅之・増田有俊・鈴木靖・山路昭彦・竹下航・木枝香織,2011,X-NET で観測された突風現象について,日本地球惑星科学連合 2011年連合大会,U022-12.

143) 三隅良平・清水慎吾,2011,雲解像モデルを用いた土砂災害予測の試み− 2004 年台風22 号の通過に伴う横浜市の災害事例−,日本地球惑星科学連合 2011年連合大会,U022-11.

142) 真木雅之・三隅良平・鈴木真一・前坂剛・加藤敦・栢原孝浩・清水慎吾・若月強・出世ゆかり・平野洪賓・中谷剛・岩波越・櫻井南海子・キムドンスン・石原正仁・中村功・服部敦・土屋修一・加藤琢磨・山路昭彦・村山泰啓・吉原貴之・藤吉康志・鈴木靖・牛尾知雄・砂田憲吾・山田正・中森広道・小林文明・横山仁・平口博丸・田村雅直・川田信也・吉井護・池谷充隆・林晃・土屋信行・外狩麻子・後藤宗春・大塚清敏・和田将一・ドンインリー・チャンドラー,2011,気候変動に強い都市創り社会実験,日本地球惑星科学連合 2011年連合大会,U022-01.

141) 三隅良平,2010,気候変動に伴う極端気象に強い都市創り―研究プロジェクトの概要について―,第47回自然災害科学総合シンポジウム講演論文集,31-34.

140) R.Misumi, A.Hashimoto, M.Murakami, N.Kuba, N.Orikasa, A.Saito, T.Tajiri, K.Yamashita and J.-P.Chen, 2010, Microphysical structure of convective snow clouds simulated by an improved version of multi-dimensional bin model, 13th Conference on Cloud Physics, American Meteorological Society.

139) R.Misumi, 2010, Development of a System for Predicting Landslide Disasters Caused by Heavy Rainfall, Proceedimgs of the 3rd International Workshop on Natural Disaster Reduction and Management
among Korea-Taiwan-Japan, CD-ROM.

138) 橋本明弘・三隅良平・村上正隆・R.D.Farley,2010,4-Iceバルク法微物理過程の開発,日本気象学会2010年度秋季大会講演予稿集,P393.

137) 三隅良平・西脇夏樹・真木雅之,2010,地形による降水強化とレーダエコーの移動速度との関係 -2007年台風9号の事例解析-,レーダ研究会、京都大学防災研究所,.

136) 石丸友紀乃・三隅良平・清水慎吾・真木雅之・小林文明,2010,局地前線に伴うバックビルディング型豪雨(2)−3台のドップラーレーダを用いた気流構造の解析―,日本気象学会2010年度秋季大会講演予稿集,P117.

135) 櫻井南海子・清水慎吾・岩波越・前坂剛・三隅良平・加藤敦・鈴木真一・木枝香織・小林文明・真木雅之,2010,2010年6月29日に埼玉県南部で落雷をもたらした降水システムの構造,日本気象学会2010年度秋季大会講演予稿集,P119.

134) D.S.Kim, M.Maki, D.I.Lee, S.Shimizu, T.Maesaka, K.Iwanami and R.Misumi, 2010, Microphysical retrievals from dual-polarization radar measurements at X-band, 日本気象学会2010年度秋季大会講演予稿集, D151.

133) 清水慎吾・前坂剛・岩波越・櫻井南海子・出世ゆかり・三隅良平・加藤敦・鈴木真一・木枝香織・小林文明・真木雅之,2010,2010年7月5日に東京都北部に豪雨をもたらした降水システムの同化・予測実験,日本気象学会2010年度秋季大会講演予稿集,A113.

132) 西脇夏樹・三隅良平・岩波越・櫻井南海子・真木雅之・前坂剛・清水慎吾・鈴木真一・加藤敦,2010,ステレオ写真測量及びKaバンドレーダによる積乱雲の発生・発達過程の観測,日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集,P411.

131) 三隅良平・岩波越・真木雅之,2010,レーダー雨量を用いた土砂災害の危険域評価―都市域を中心に―,日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集,P404.

130) 石丸友紀乃・三隅良平・真木雅之,2010,局地前線に伴うバックビルディング型豪雨,日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集,P317.

129) 吉田翔・三隅良平・清水慎吾・真木雅之,2010,メソγスケール対流系の寿命・降雨強度と下層風の収束の関係―2008年8月の関東地方を対象に―,日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集,P316.

128) 清水慎吾・前坂剛・鈴木真一・岩波越・真木雅之・三隅良平・加藤敦・櫻井南海子・木枝香織・星亜友美・山田正・小林文明・増田有俊・鈴木靖・山路昭彦・竹下航,2010,2009年10月8日に茨城県で突風災害を起こしたレインバンドに関するデータ同化・予測実験 −6台のX-bandレーダデータのインパクト―,日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集,C101.

127) 三隅良平・橋本明弘・村上正隆・折笠成宏・斎藤篤思・田尻拓也・山下克也・久芳奈遠美・J.-P.Chen,2010,多次元ビン法モデルによる雪雲のシミュレーション,ワークショップ『降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究(第8回)』要旨集,http://www.bosai.go.jp/seppyo/kenkyu_naiyou/conf_ws/kouws201003/ws-abst/abst_MISUMI.pdf

126) 橋本明弘・三隅良平・村上正隆・R.D.Farley,2010,4-Iceバルク法微物理過程の開発,ワークショップ『降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究(第8回)』要旨集,http://www.bosai.go.jp/seppyo/kenkyu_naiyou/conf_ws/kouws201003/ws-abst/abst_HASHIMOTO.pdf

125) 鈴木真一・清水慎吾・前坂剛・櫻井南海子・岩波越・真木雅之・三隅良平・増田有俊・鈴木靖・山路昭彦・竹下航・木枝香織,2009,2009年7月27日に館林市で発生した竜巻をもたらした対流雲の構造,日本気象学会2009年度秋季大会講演予稿集,B351.

124) 三隅良平・橋本明弘・村上正隆・折笠成宏・斎藤篤思・田尻拓也・山下克也・久芳奈遠美・J.-P.Chen,2009,対流性降雪雲の発達期における雲物理構造―多次元ビン法シミュレーション―,日本気象学会2009年度秋季大会予稿集,D209.

123) 真木雅之・加藤敦・前坂剛・岩波越・三隅良平・清水慎吾・鈴木真一・Kim Dong-Soon・木枝香織・横山仁,2009,2008年8月5日東京都豊島区雑司が谷付近で発生した局地的豪雨−Xバンドマルチパラメータレーダによる観測結果−,日本気象学会2009年度春季大会講演予稿集,B156.

122) 西脇夏樹・三隅良平・真木雅之,2009,地形による降雨強度の増加とレーダエコーの移動速度の関係,日本気象学会2009年度春季大会講演予稿集,P319.

121) 三隅良平・村上正隆・加藤輝之・橋本明弘・佐竹晋輔・J.-P.Chen,2008,多次元ビン法雲物理モデルの簡略化への検討−力学モデルへの導入に向けて−,日本気象学会2008年度春季大会講演予稿集,P304.

120) 加藤敦・真木雅之・前坂剛・岩波越・三隅良平・木枝香織,2008,マルチパラメータレーダを用いたナウキャスト(その2),日本気象学会2008年度春季大会講演予稿集,P126.

119) 三隅良平・清水真悟・前坂剛・加藤敦・鈴木真一・岩波越・真木雅之・小林文明・山田正・平野廣和・加藤拓磨,2008,平成20年8月5日豊島区付近の大雨:X-NETによる観測,日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集,B156.

118) 清水慎吾・前坂剛・三隅良平・岩波越・真木雅之・加藤敦・鈴木真一・山田正,2008,首都圏Xバンドレーダネットワーク(X-NET)データを利用した風速の三次元変分法同化システムの開発,日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集,A306.

117) 前坂剛・鈴木真一・真木雅之・岩波越・三隅良平・加藤敦・清水慎吾,2008,2008年4月18日に南関東で強風をもたらした降水システムの構造について,日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集,B154.

116) 増田有俊・鈴木靖・守屋岳・真木雅之・岩波越・三隅良平・清水慎吾・加藤敦・鈴木真一,2008,強風ナウキャスト手法の開発と検証,日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集,B155.

115) 岩波越・鈴木真一・前坂剛・木枝香織・真木雅之・三隅良平・加藤敦・清水慎吾,2008,Xバンド偏波レーダーによる降水粒子判別(3)−判別手法の暖候期の降水雲への適用−,日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集,B367.

114) 鈴木真一・前坂剛・岩波越・木枝香織・真木雅之・三隅良平・清水慎吾・加藤敦,2008,2008年7月12日に東京で突風被害を発生させた積乱雲の構造,日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集,P164.

113)岩波越・前坂剛・清水慎吾・木枝香織・真木雅之・三隅良平・加藤敦・鈴木真一,2008,Xバンド偏波レーダーにおける比偏波間位相差KDPの導出手法の改良,日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集,P368.

112) 竹森史郎・越田智喜・小池克征・八木晃司・真木雅之・岩波越・三隅良平・加藤敦・前坂剛・清水慎吾,2008,マルチパラメータレーダを用いた山岳部の降雨定量観測手法の研究,日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集,P369.

111) 三隅良平,2009,対流性雪雲における降雪粒子の形成:パーセルモデル・シミュレーション,科学技術振興調整費「人工降雨・降雪」研究発表会、気象研究所,.

110) R.Misumi, A.Hashimoto, M.Murakami, N.Kuba, N.Orikasa, A.Saito, T.Tajiri, K.Yamashita and J.-P.Chen, 2009, A parcel model simulation of graupel and snowflake formation in convective snow clouds over the Sea of Japan, International workshop on radar and modeling studies of snowfall: Precise observation and modeling of solid precipitation, NIED-Nagaoka.

109) S.Shimizu, T.Maesaka, R.Misumi,K.Iwanami and M.Maki, 2008, Development for a radar data assimilation procedure using specific differential phase, Proceedings of Fifth European Conference on Radar in Meteorology and Hydrology (CD) .

108) M.Maki, T.Maesaka, R.Misumi, K.Iwanami, S.Suzuki, A.Kato, S.Shimizu, K.Kieda, T.Yamada, H.Hirano,F.Kobayashi, A.Masuda, T.Moriya, Y.Suzuki, A.Takahori, D.-I. Lee, D.-S. Kim, V. Chandrasekar, Y.Wang, 2008, X-band Polarimetric Radar Network in the Tokyo Metropolitan Area − X-NET −, Proceedings of Fifth European Conference on Radar in Meteorology and Hydrology (CD) .

107) T.Maesaka, M.Maki, K.Iwanami, R.Misumi and S.Shimizu, 2008, Surface wind estimation system by X-band radar network around Tokyo metropolitan area, Proceedings of Fifth European Conference on Radar in Meteorology and Hydrology (CD).

106) 岩波越・三隅良平・中村健治、Okn-Baiu-04観測チーム,2008,ミリ波レーダー観測とビン法雲物理モデルによる融解層の研究,沖縄亜熱帯域における雲・降水システムと大気境界層、 海洋表層の観測的研究に関する共同研究集会,43-45.

105) 岩波越・楠研一・折笠成宏・真木雅之・三隅良平・村上正隆,2007,Xバンド偏波レーダーによる降水粒子判別(2)-ファジーロジックによる冬季雲内の粒子判別−,日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集,C107.

104) 前坂剛・真木雅之・岩波越・三隅良平・清水真悟,2007,風速の対数則を仮定したドップラーレーダによる地上風推定手法について,日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集,P108.

103) S.Shimizu, T.Maesaka, R.Misumi, K. Iwanami, M. Maki, T. Yamada, S. Tsutiya, and W. Sato, 2007, Development for a nudging assimilation procedure of cloud resolving storm simulator using multiparameter radar data , Proceeding of 33rd Conference on Radar Meteorology , P4.7.

102) K.Iwanami, K.Kusunoki, N. Orikasa, M. Maki, R. Misumi, and M. Murakami, 2007, Hydrometeor type classification in winter clouds using X-band polarimetric radar measurements—Comparison of X-band polarimetric radar data with in-situ measurements by HYVIS , Proceeding of 33rd Conference on Radar Meteorology , P10.11.

101) T.Maesaka, M.Maki, K. Iwanami, R. Misumi, and S. Shimizu, 2007, Real-time wind field retrieval system by using X-band radar network around Tokyo metropolitan area , Proceeding of 33rd Conference on Radar Meteorology , P8B.11.

100)久芳奈遠美・三隅良平,2007,暖かい雨に対する凝結核散布の効果に関する数値実験−ハイブリッド雲微物理モデルによる人工降雨事前評価の試み−,日本気象学会2007年春季大会講演予稿集,B456.

99)岩波越・前坂剛・木枝香織・真木雅之・三隅良平・清水真悟,2007,Xバンド偏波レーダーによる降雨観測における簡易減衰補正,日本気象学会2007年春季大会講演予稿集,B463.

98)清水慎吾・前坂剛・三隅良平・岩波越・真木雅之,2007,2001年8月22日埼玉県羽生市で発生した台風11号に伴う竜巻の発生予測実験,日本気象学会2007年春季大会講演予稿集,P128.

97)三隅良平・村上正隆・久芳奈遠美・折笠成宏・圓山憲一・斉藤篤思・橋本明弘・J.-P.Chen・中井専人・石坂雅昭,2007,多次元ビン法による雪片と霰,日本気象学会2007年春季大会講演予稿集,P414.

96)岩波越・三隅良平,2006,浅い対流性降水雲の降雨特性−2004年6月4−5日沖縄での降雨事例解析−,沖縄亜熱帯域における雲・降水システムと大気境界層、海洋表層の観測的研究に関する共同研究集会,21-23.

95)橋本明弘・村上正隆・久芳奈遠美・三隅良平・折笠成宏・圓山憲一・J-P.Chen,2006,不均質核形成による氷晶生成モデルの高度化,日本気象学会2006年度春季大会講演予稿集,P459.

94)M.Maki, K.Iwanami and R.Misumi, T.Maesaka, S.Shimizu, K.Kieda, K.Nakane, A.Kato, K.Dairaku, T.Fukuzono, H.Moriwaki, Y.Sasaki, S.Yazaki, M.Tominaga, T.Nagasaka , 2006, Studies on the Prediction of Landslides and Urban Floods using an X-band Multi-Parameter Radar Network , The Second International Symposium on Quantitative Precipitation Forecasting and Hydrology, P3_8.

93)"M.Maki, K.Maruyama and K.Iwanami, R.Misumi, T.Maesaka, 2006, Comparison of X-band multi-parameter radar rainfall estimates with conventional radar rainfall estimates adjusted with raingauge network data, Fourth European Conference on Radar in Meteorology and Hydrology (ERAD2006), P3.21."

92)Hashimoto, A., M.Murakami, N.Kuba, R.Misumi, N.Orikasa, K.Maruyama, A.Saito and J.-P.Chen, 2006, New Parcel Model with Detailed Cloud Microphysics, 12th Conference on Cloud Physics, P1.28.

91)岩波越・楠研一・折笠成宏・真木雅之・三隅良平・村上正隆,2006,Xバンド偏波レーダーによる降水粒子判別(1) ―HYVISデータとの比較による粒子別の偏波パラメータ出現頻度−,日本気象学会2006年度秋季大会講演予稿集,C155.

90)前坂剛・三隅良平・清水慎吾・岩波越・真木雅之,2006,MPレーダーを用いた豪雨強風監視システムの推定値と地上観測値の比較(1)−地上観測器のパフォーマンスチェック−,日本気象学会2006年度秋季大会講演予稿集,P326.

89)清水慎吾・前坂剛・三隅良平・岩波越・真木雅之,2006,マルチパラメータレーダデータを用いた同化手法の開発(1)−CReSSを用いた予測システムの構築−,日本気象学会2006年度秋季大会講演予稿集,P330.

88)三隅良平,2005,下層収束と降水強化,ワークショップ『降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究 (第3回)』,長岡雪氷防災研究所.

87)楠研一・折笠成宏・村上正隆・岩波越・真木雅之・朴相郡・三隅良平・浜津享助・斎藤充則,2005,ミリ波レーダーで観測した山岳性降雪雲の平均像,日本気象学会2005年度春季大会講演予稿集,C303.

86)吉田幸生・浅野正二・岩波越・真木雅之・三隅良平,2005,能動型・受動型センサを組み合わせた氷晶を含む雲の微物理量導出アルゴリズムの開発と適用,日本気象学会2005年度春季大会講演予稿集,P381.

85)真木雅之・圓山憲一・岩波越・三隅良平・朴相郡,2005,偏波レーダーによる降雨の連続観測(その3)-気象庁レーダアメダス解析雨量との比較−,水文・水資源学会,252-253.

84)R.Misumi, M.Maki, K.Iwanami, K.Maruyama and S.-G. Park, 2005, Realtime forecasting of shallow landslides using radar-derived rainfall, Proceedings of the World Weather Research Programme’s symposium on nowcasting and very short range forecasting (WSN05), (CD-ROM).

83)三隅良平・村上正隆・久芳奈遠美・折笠成宏・圓山憲一・斉藤篤思・橋本明弘・J.-P.Chen,2005,3つの独立変数をもつ降雪粒子モデル ,日本気象学会2005年度秋季大会講演予稿集,P168.

82)石坂雅昭・岩本勉之・中井専人・佐藤篤司・三隅良平・椎名徹・村本健一郎,2005,降雪粒子の種類に関する観測と気象モデル出力との比較,日本気象学会2005年度秋季大会講演予稿集,P367.

81)三隅良平・石坂雅昭・山口悟,2005,平成16年7月新潟・福島豪雨」における降雨変動の特徴,第24回自然災害学会講演会講演概要集,95-96.

80)前坂剛・真木雅之・岩波越・三隅良平・圓山憲一,2005,Xバンドマルチパラメータレーダにおけるリアルタイム速度折り返し補正処理の検証,日本気象学会2005年度秋季大会講演予稿集,P163.

79)圓山憲一・真木雅之・岩波越・三隅良平・前坂剛,2005,Xバンドマルチパラメータレーダから推定した雨量分布の検証(2),日本気象学会2005年度秋季大会講演予稿集,C355.

78)岩波越・蝶野洋平・播磨屋敏生・桑田路子・J.Testud・真木雅之・三隅良平・朴相郡,2005,2波長レーダーを用いた降水量鉛直プロファイルのリトリーバル(3)−観測データへの適用−,日本気象学会2005年度秋季大会講演予稿集,P364.

77)K.Kusunoki, M.Murakami, N.Orikasa, Y.Tanaka, K.Iwanami, M.Maki, S.G.Park, R.Misumi, K.Hamazu and H.Kosuge, 2004, Transition of leeside precipitation properties observed by Ka-band radar and ground-based 2D-grey probe, Proceedings of 14th International Conference on Clouds and Precipitation, 827-830.

76)R.Misumi, K.Maruyama, M.Maki, K..Iwanami, S.G.Park and M.Suto, 2004, Effects of mesoscale convergence on convective rainfall simulated with an axisymmetric cloud model with detailed microphysics, Proceedings of 14th International Conference on Clouds and Precipitation, 1711-1714.

75)三隅良平・真木雅之・岩波越・圓山憲一・小口高,2004,マルチパラメータレーダーを用いた表層崩壊危険域のリアルタイム表示,第23回自然災害学会講演会講演概要集,11-12.

74)T.Fukuzono, H.Moriwaki, T.Inokuchi,M.Maki,K.Iwanami,R.Misumi,S.Takami and T.Shikoku, 2004, Landslide diaster prediction support system based on Web GIS, Proceedings of International Symposium on GeoInformatics for Spatial-Infrastructure Development in Earth and Allied Sciences, 118-121.

73)三隅良平・真木雅之・岩波越・圓山憲一・小口高,2004,Xバンドレーダー・分布型流出モデル・斜面安定解析を統合した土砂災害(表層崩壊)危険域予測システム,日本気象学会2004年度秋季大会講演予稿集,A202.

72)真木雅之・岩波越・三隅良平・圓山憲一,2004,3cm波長マルチパラメータレーダ観測から得られる高精度・高分解能の雨量情報,日本気象学会2004年度秋季大会講演予稿集,A203.

71)圓山憲一・真木雅之・岩波越・三隅良平,2004,Xバンドマルチパラメータレーダから推定した雨量分布の検証,日本気象学会2004年度秋季大会講演予稿集,D214.

70)朴相郡・真木雅之・岩波越・三隅良平・V.N.Bringi,2003,Attenuation correction of radar intensity measurements by rainfall at X-band polarimetric radar,日本気象学会2003年度春季大会講演予稿集,P141.

69)Oh, J.H., O. Y. Kim, H. Yi, T. K. Kim and R.Misumi, 2003, Probabilistic Quantitative Precipitation Forecast with Quantitative Precipitation Model, 10th Conference on Mesoscale Processes, P1.26.

68)M.Maki, K.Iwanami, R.Misumi, S.G.Park, M.Suto, T.Maesaka, M.Katsumata and D.Hashimoto, 2003, DETECTION AND TRACKING OF TYPHOON 0115 CENTER FROM DUAL DOPPLER RADAR MEASUREMENTS, IUGG2003, JSM14/07P/A05-003 .

67)S.G.Park, M.Maki, K.Iwanami, R.Misumi, T.D.Keenan and H.Moriwaki, 2003, STRUCTURE OF RAINDROP SIZE DISTRIBUTIONS FROM POLARIMETRIC RADAR VARIABLES IN A TROPICAL SQUALL LINE, IUGG2003, JSM14/09P/D-001 .

66)Oh, J.H., O. Y. Kim, H. Yi, T. K. Kim and R.Misumi, 2003, SHORT-RANGE RAINFALL FORECAST WITH QUANTITATIVE PRECIPITATION MODEL, IUGG2003, JSM14/09P/D-006 .

65)S.Nakai, K.Iwanami, R.Misumi, S.G.Park, M.Shimizu and T.Kobayashi, 2003, SNOWFALL AROUND NAGAOKA CLASSIFIED BY SNOW-ECHO MODES, IUGG2003, JSM14/09P/D-023 .

64)M.Maki, S.G.Park, K.Iwanami, R.Misumi, H.Moriwaki, H.Uyeda and V.N. Bringi, 2003, POTENTIAL OF X-BAND POLARIMETRIC RADAR FOR OPERATIONAL RAINFALL MEASUREMENTS, IUGG2003, JSM18/01P/D-023 .

63)C.Takahashi, H.Uyeda, M.Maki, K.Iwanami, R.Misumi and T.D.Keenan, 2003, ORGANIZATION MECHANISM AND HEATING EFFECTS OF MESOSCALE CONVECTIVE SYSTEMS RELATED TO THE ACTIVITY OF EQUATRIAL WAVES, IUGG2003, MC03/11P/D-017 .

62)三隅良平・真木雅之・岩波越・小口高・石井琢哉,2003,レーダー雨量を用いた表層崩壊のリアルタイム予測,第22回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,75-76.

61)岩波越・真木雅之・三隅良平・朴相郡・圓山憲一・須藤美穂子・花戸弘・蝶野洋平・桑田路子・播磨屋敏生・V.N.Bringi・D.-I.Lee・H.-K.Kim・M.Jang,2003,2波長ミリ波レーダーによる層状降水雲の観測,日本気象学会2003年度秋季大会講演予稿集,A106.

60)桑田路子・播磨屋敏生・千葉ゆきこ・真木雅之・岩波越・三隅良平・朴相郡・須藤美穂子,2003,2波長レーダを用いた巻雲の雲物理量のリトリーバル,日本気象学会2003年度秋季大会講演予稿集,A107.

59)三隅良平・圓山憲一・真木雅之・岩波越・朴相郡・須藤美穂子,2003,下層収束による積乱雲の降水強化−ビン法雲モデルを用いた数値実験,日本気象学会2003年度秋季大会講演予稿集,C206.

58)岩波越・E. Le Bouar・J. Testud・真木雅之・三隅良平・朴相郡・須藤美穂子,2003,降雨プロファイリング・アルゴリズム「ZPHI法」のXバンド偏波レーダーデータへの適用,日本気象学会2003年度秋季大会講演予稿集,D161.

57)真木雅之・岩波越・三隅良平・朴相郡・圓山憲一・須藤美穂子・渡部勲・森脇寛・V.N.Bringi・D.-I.Lee・H.-K.Kim・上田博・若林勝,2003,偏波間位相差情報を用いた降雨強度、雨水量の3次元分布の測定,日本気象学会2003年度秋季大会講演予稿集,D160.

56)楠研一・森一正・村上正隆・折笠成宏・岩波越・真木雅之・朴相郡・三隅良平・浜津享助・入澤實,2003,三国山脈周辺の降雪粒子の雲物理特性の観測 −事例解析−,日本気象学会2003年度秋季大会講演予稿集,C106.

55)R.Misumi and T.Kishii, 2002, Development of rainfall disaggregation model for estimating catchment-scale rainfall from global model output, First international workshop on climate change and water-related disasters, 33-34.

54)三隅良平・真木雅之・岩波越・朴相郡・須藤美穂子,2002,広島付近に形成される地形性の収束域,日本気象学会2002年度春季大会,B303.

53)須藤美穂子・三隅良平・真木雅之・岩波越・朴相郡,2002,Xバンド偏波レーダーによる降雨量推定に関する研究(その4):概念モデルを用いた降水量短時間予測,日本気象学会2002年度春季大会,P306.

52)真木雅之・岩波越・三隅良平・朴相郡・森脇寛・須藤美穂子,2002,Xバンド偏波レーダーによる降雨量推定に関する研究(その1):Xバンド偏波レーダーの利点,日本気象学会2002年度春季大会,C355.

51)S.G.Park, M.Maki, K.Iwanami, R.Misumi, M.Suto and H.Moriwaki, 2002, Estimation of X-band polarimetric radar (Part 2): statistic errors due to natural variations in drop size distribution , 日本気象学会2002年度春季大会, P304.

50)岩波越・真木雅之・三隅良平・朴相郡・須藤美穂子・上田博,2002,Xバンド偏波レーダーによる降雨量推定に関する研究(その3):降雨量推定手法の検証実験速報,日本気象学会2002年度春季大会,P305.

49)村治能高・真木雅之・岩波越・朴相郡・三隅良平,2002,Xバンド偏波レーダーによる降雨量推定に関する研究(その5):webによるリアルタイム送信の試み,日本気象学会2002年度春季大会,P306.

48)千葉ゆきこ・播磨屋敏生・真木雅之、岩波越、三隅良平,2002,Kaバンドレーダーを用いた雲水量鉛直プロファイルのリトリーバル(?),日本気象学会2002年度春季大会,P133.

47)三隅良平・真木雅之・岩波越、小口高、天野貴文、石井琢哉,2002,分布型流出モデルを用いた表層崩壊危険域の表示,第21回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,5-6.

46)須藤美穂子・三隅良平・真木雅之・岩波越・朴相郡,2002,概念モデルを用いた降水短時間予測,日本気象学会2002年度秋季大会,395.

45)真木雅之・岩波越・三隅良平・朴相郡・須藤美穂子・前坂剛・橋本大輔・勝俣昌巳,2002,2台のドップラーレーダーから求められた台風0115の中心付近の運動学的特長,日本気象学会2002年度秋季大会,328.

44)K.Iwanami, R.Misumi, M.Maki, S.Watanabe and K.Hata , 2001, Development of a maltiparameter radar system on mobile platform, Preprints, 30th Conf. on Radar Meteorology, Munich, Germany, Amer. Meteor. Soc. , 104-106.

43)M.Maki, K.Iwanami, Misumi, R. J. Doviak, T. Wakayama, K. Hata and S. Watanabe , 2001, Observations of Volcanic Ashes with a 3-cm Polarimetric Radar, Preprints, 30th Conf. on Radar Meteorology, Munich, Germany, Amer. Meteor. Soc. , 226-228.

42)Y.Sasaki, M.Maki, K.Iwanami, R.Misumi and T.D.Keenan, 2001, Case Study on a Tropical Continental Squall Line Observed at Darwin, Australia Using by Four Doppler Radars, Preprints, 30th Conf. on Radar Meteorology, Munich, Germany, Amer. Meteor. Soc. , 408-410.

41)S.G.Park, K.Iwanami, M. Maki, R.Misumi, Y. Sasaki, T. D. Keenan and V. N. Bringi, 2001, Retrieval Of Raindrop Size Distribution Using C-band Polarimetric Radar Measurements, Preprints, 30th Conf. on Radar Meteorology, Munich, Germany, Amer. Meteor. Soc. , 600-602.

40)千葉ゆきこ・播磨屋敏生・真木雅之、岩波越、三隅良平,2001,Kaバンドレーダーを用いた雲水量鉛直プロファイルのリトリーバル,日本気象学会2001年秋季大会講演予稿集,A155.

39)真木雅之・岩波越・三隅良平、朴相郡、須藤美穂子、野澤佑至、田中久里、橋口浩之、上田博,2001,マルチパラメータレーダ、雲レーダを用いた雲・降水観測の新しい試み,日本気象学会2001年秋季大会講演予稿集,P143.

38)S.G.Park, K.Iwanami, M.Maki, R.Misumi and Y. Sasaki, 2001, Comparison of raindrop size distribution in convective and stratiform region using polarimetric radar measurements, 日本気象学会2001年秋季大会講演予稿集, A305.

37)真木雅之・朴相郡・岩波越、三隅良平、森脇寛、V.N.Bringi,2001,降雨強度(R)と単位距離当りの偏波位相差(KDP)の関係の雨滴粒系分布変動,,C365.

36)岩波越・真木雅之・三隅良平、朴相郡、千葉ゆきこ、播磨屋敏生,2001,マルチパラメータレーダーによる梅雨期の雲・降水系の鉛直上向き観測,日本気象学会2001年秋季大会講演予稿集,P348.

35)三隅良平,2001,1999年6月29日の広島豪雨の解析,第20回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,69-70.

34)K.Iwanami, M.Maki, R.Misumi, S.Watanabe and K.Hata, 2000, The NIED dual-frequency cloud radar system under development, Proceedings of the 1st international workshop on spaceborne cloud profiling radar, 161-164.

33)R.Misumi, K.Iwanami, M.Maki, Y.Sasaki, T.D.Keenan, H.Uyeda and C.Takahashi , 2000, Evolution of drop size distribution in tropical rainfall: numerical study, Proceedings of the 11th Internatinal Conference on Clouds and Precipitation, Reno,NV, 425-428.

32)三隅良平・岩波越・真木雅之、佐々木佳明、T.D.Keenan,2000,対流性・層状性降雨の雨滴粒径分布の違いについて−ビン法を用いた雲モデルによる再現実験− ,日本気象学会2000年秋季大会講演予稿集,A154.

31)岩波越・三隅良平・真木雅之、渡邉伸一郎、畑清之,2000,防災科研の新マルチパラメータレーダーシステム,日本気象学会2000年秋季大会講演予稿集,A304.

30)朴相郡・岩波越・真木雅之、三隅良平、佐々木佳明,2000,偏波レーダーによる熱帯スコールラインの雨滴粒径分布,日本気象学会2000年秋季大会講演予稿集,A151.

29)岩波越・真木雅之・三隅良平、渡邉伸一郎、畑清之,2000,ミリ波2波長マルチパラメーターレーダーによる雲・降水過程の試験観測,日本気象学会2000年秋季大会講演予稿集,A305.

28)真木雅之・岩波越・三隅良平、朴相郡、森脇寛、福薗輝旗、井口隆、上田博,2000,豪雨により発生する土砂災害の予測(その1)−Xバンドマルチパラメーターレーダーの利用−,日本気象学会2000年秋季大会講演予稿集,A306.

27)佐々木佳明・真木雅之・岩波越、三隅良平、朴相郡、T.D.Keenan,2000,4台のドップラーレーダーによる熱帯スコールラインの風の場の解析,日本気象学会2000年秋季大会講演予稿集,A367.

26)岩波越・三隅良平・佐々木佳明、真木雅之、T.D.Keenan,1999,4台のドップラーレーダーによる熱帯域の降水システムの観測:JATMEXの概要,日本気象学会1999年春季大会講演予稿集,P253.

25)K.Iwanami, M.Maki, R.Misumi, Y.Sasaki and T.D.Keenan, 1999, Multiple Doppler radar observation of tropical precipitation systems in JATMEX. , Preprints, 29th Conf. on Radar Meteorology, Montreal, PQ, Canada, Amer. Meteor. Soc., , 400-403.

24)三隅良平,1999,平成10年栃木・福島豪雨の発生機構について −1層プリミティブモデルを用いた考察−,第18回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,145-146.

23)三隅良平,1999,熱帯スコールラインの雨滴粒径分布の変動とビン法によるその再現,第14回メソ気象研究会,.

22)三隅良平・岩波越・佐々木佳明、真木雅之、T.D.Keenan,1999,熱帯・大陸性積乱雲の雨滴粒径分布の変動(数値実験),日本気象学会1999年秋季大会講演予稿集,B108.

21)金田昌樹・三隅良平・千葉長,1999,1997年7月に発生した出水市の集中豪雨についての数値実験,日本気象学会1999年秋季大会講演予稿集,B358.

20)三隅良平・V.A.Bell・R.J.Moore,1998,降雨モデルを用いた河川流量の予測実験,日本気象学会1998年春季大会講演予稿集,P278.

19)金田昌樹・三隅良平・千葉長,1997,孤立した丘陵周辺での降雪エコーの挙動 その2(数値実験),日本気象学会1997年春季大会講演予稿集,G309.

18)三隅良平,1996,山脈の風下側に起こった豪雨,第40回山の気象シンポジウム,.

17)R.Misumi, 1996, Case study of the heavy rainfall in Japan caused by typhoon, Sixth international symposium on natural and man-made hazards (HAZARDS-96), Abstract volume, 137.

16)三隅良平,1996,「地形性降雨モデル」を用いた豪雨災害(土砂災害)の予測実験,第15回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,1-2.

15)金田昌樹・三隅良平・千葉長,1996,孤立した丘陵周辺での降雪エコーの挙動 その1(レーダー解析),日本気象学会1996年秋季大会講演予稿集,B365.

14)三隅良平,1994,1993年台風7号に伴う豪雨:数値実験,第13回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,.

13)三隅良平,1993,梅雨降水の数十年スケールの変動,日本気象学会1993年春季大会講演予稿集,C112.

12)藤吉康志・吉本直弘・三隅良平、越田智喜、岩崎博之、武田喬男,1993,主風向にほぼ平行な走向をもつ筋状雲の構造,日本気象学会1993年春季大会講演予稿集,A113.

11)藤吉康志・吉本直弘・岩崎博之、三隅良平、越田智喜、武田喬男,1993,北海道石狩湾上に発生した高気圧回転のメソ渦,日本気象学会1993年春季大会講演予稿集,.

10)三隅良平,1993,梅雨の長期変動とその影響、およびプロセス,第12回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,47-48.

9)三隅良平・武田喬男,1992,積乱雲群の3次元数値モデリング:対流セル群の組織化の過程,日本気象学会1992年春季大会講演予稿集,A107.

8)R.Misumi and T.Takeda, 1992, Three-dimensional numerical modeling of the formation of an organized precipitating system, Proceedings of the 11th Internatinal Conference on Clouds and Precipitation, Montreal, 704-706.

7)藤吉康志・吉本直弘・岩崎博之、三隅良平、越田智喜、武田喬男,1992,北海道の高島岬の風下に現れたバンド状エコーの気流構造,日本気象学会1992年秋季大会講演予稿集,A251.

6)藤吉康志・吉本直弘・岩崎博之、三隅良平、越田智喜、武田喬男,1992,主風向に対してほぼ平行な走向をもつ筋状雲の構造,日本気象学会1992年秋季大会講演予稿集,A215.

5)三隅良平・武田喬男,1991,積乱雲群の3次元数値モデリング(?)−ライン状およびセル状対流系の形成過程−,日本気象学会1991年秋季大会講演予稿集,A307.

4)武田喬男・三隅良平,1989,組織化された降水セルの形成過程に関する数値モデリング,日本気象学会1989年春季大会講演予稿集,C152.

3)武田喬男・三隅良平,1988,積乱雲群に関する3次元数値モデリング -降水形成過程の違いの効果−,日本気象学会1988年春季大会講演予稿集,118.

2)武田喬男・三隅良平,1988,積乱雲群の3次元数値モデリング(?) −長続きする降水セルの構造とふるまい−,日本気象学会1988年秋季大会講演予稿集,B359.

1)三隅良平・和田美鈴,1987,積雲対流に及ぼす氷相過程の影響,日本気象学会1987年春季大会講演予稿集,250.