国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

業績リスト(出世)

 論文(査読付き)

12) Shusse, Y., T. Maesaka, K. Kieda, and K. Iwanami, 2019: Polarimetric radar observation of the melting layer in a winter precipitation system associated with a south-coast cyclone in Japan. J. Meteor. Soc. Japan, (accepted)
Early Online Release-> http://jmsj.metsoc.jp/contents/justreleased.html#97no2

11) Sakurai, N., S. Shimizu, Y. Shusse, S. Suzuki, T. Maesaka, K. Kieda, and K. Iwanami, 2015: Relationships between updraft characteristics and cloud-to-ground lightning activity in warm-season convective storms in the Kanto Region, Japan. SOLA, 11, 177-180. doi:10.2151/sola.2015-039

10) Shusse, Y., M. Maki, S. Shimizu, K. Iwanami, T. Maesaka, S. Suzuki, N. Sakurai, and R. Misumi, 2015: Relationship Between Precipitation Core Behavior in Cumulonimbus Clouds and Surface Rainfall Intensity on 18 August 2011 in the Kanto Region, Japan. J. Meteor. Soc. Japan, 93(2), 215-228.

9) Ohigashi, T., K. Tsuboki, Y. Shusse, and H. Uyeda, 2014: An intensification process of a winter broad cloud band on a flank of the mountain region along the Japan-Sea coast. J. Meteor. Soc. Japan, 92(1), 71-93.

8) Morotomi, K, T. Shinoda, Y. Shusse, T. Kouketsu, T. Ohigashi, K. Tsuboki, H. Uyeda, and I. Tamagawa, 2012: Maintenance mechanisms of a precipitation band formed along the Ibuki-Suzuka mountains on September 2-3, 2008. J. Meteor. Soc. Japan, 90(5), 737-753.

7) Shusse, Y., N. Takahashi, K. Nakagawa, S. Satoh, and T. Iguchi, 2011: Polarimetric radar observation of the melting layer in a convective rainfall system during the rainy season over the East China Sea. J. Appl. Meteor. Climatol., 50, 354-367. doi: 10.1175/2010JAMC2469.1

6) Oue, M., H. Uyeda, and Y. Shusse, 2010: Two types of precipitation particle distribution in convective cells accompanying a Baiu frontal rainband around Okinawa Island, Japan. J. Geophys. Res., 115, D02201, doi:10.1029/2009JD011957.

5) Shusse, Y., K. Nakagawa, N. Takahashi, S. Satoh, and T. Iguchi, 2009: Characteristics of polarimetric radar variables in three types of rainfalls in a Baiu front event over the East China Sea. J. Meteor. Soc. Japan, 87(5), 865-875.

4) 中北英一・山口弘誠・隅田康彦・竹畑栄伸・鈴木賢士・中川勝広・大石哲・出世ゆかり・坪木和久・大東忠保, 2009: 偏波レーダーとビデオゾンデの同期観測および降水粒子タイプ判別. "Development of hydrometeor classification system using polarimetric radar measurements synchronized with the video-sonde observation." 水工学論文集, Vol.53, 361-366.

3) 出世ゆかり・坪木和久, 2006: 非定常で短寿命の対流セルのもたらす降雹の水平規模と雹の大きさ: 2002年5月26日の阪神間の降ひょうの事例について. 「天気」, Vol.53, No.11, 871-877.

2) Shusse, Y., and K. Tsuboki, 2006: Dimension characteristics and precipitation efficiency of cumulonimbus clouds in the region far south from the mei-yu front over the eastern Asian continent. Mon. Wea. Rev., 134(7), 1942-1953.

1) Shusse, Y., K. Tsuboki, B. Geng, H. Minda, and T. Takeda, 2005: Structure and evolution of deeply developed convective cells in a long-lived cumulonimbus cloud under a weak vertical wind-shear condition. J. Meteor. Soc. Japan, 83(3), 351-371.


 論文(査読無し)

4) 加藤亮平・清水慎吾・下瀬健一・前坂剛・櫻井南海子・出世ゆかり, 2018:平成29年7月九州北部豪雨に関する気象学的な速報解析, 防災科学技術研究所主要災害調査, 52, 1-7.

3) 三隅良平・清水慎吾・出世ゆかり,2016: 2013年台風26号に伴う伊豆大島の大雨−レーダーで観測された降雨の特徴について−,防災科学技術研究所主要災害調査,50,19-34.

2) 中北英一・山口弘誠・隅田康彦・竹畑栄伸・鈴木賢士・中川勝広・大石哲・出世ゆかり・坪木和久, 2008: Cバンド偏波レーダーを用いた降水粒子識別とビデオゾンデ を用いた集中同期検証観測. 京都大学防災研究所年報, 第51号B, 519-533. "Classification of hydrometeors using a C-band polarimetric radar validation by in-situ campaign observation synchronized with video-sonde. Annuals of the Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University, Vol.51 B, 519-533. "

1) 出世ゆかり・内藤大輔・寺田登与徳・坪木和久, 2004: 台風のアイウォー ルのドップラー速度パターン. 「天気」, Vol.51, No.11, 775-776.


 著書

1) 出世ゆかり,2018: 降水コア検出アルゴリズムの開発 (4.2章), 気象研究ノート, 236, 194-199. (「都市における極端気象の観測・予測・情報伝達」小司禎教・三隅良平・中谷剛 編, 分担執筆, 日本気象学会, 401 pp.)


 報告書など

7) 瀬古 弘・上田 博・真木真之・中北英一・佐藤晋介・大東忠保・出世ゆかり・足立アホロ・川畑拓矢, 2017: 2017 年度春季大会専門分科会報告「5. 偏波レーダーを用いた観測解析技術と利用法の展開」, 天気, 64(10), 756−757.

6) Nakatani, T., R. Misumi, Y. Shoji, K. Saito, H. Seko, N. Seino, S. Suzuki, Y. Shusse, T. Maesaka, and H. Sugawara, 2015: Tokyo metropolitan area convection study for extreme weather resilient cities. Bull. Amer. Meteor. Soc., 96, ES123–ES126. doi:10.1175/BAMS-D-14-00209.1.

5) 三隅良平・中谷剛・小司禎教・瀬古弘・斉藤和雄・清野直子・鈴木真一・出世ゆかり・平野洪賓・足立アホロ・山内洋,2015:第2回TOMACS国際ワークショップの報告―首都圏をフィールドとした極端気象に関する国際共同研究の進捗―,天気,62,511-516.

4) 中谷剛・三隅良平・小司禎教・斉藤和雄・瀬古弘・清野直子・鈴木真一・出世ゆかり・前坂剛・菅原広史,2014: 第1回TOMACS国際ワークショップの報告−WMO世界天気研究計画・研究開発プロジェクトの開始−,天気,61,557-564

3) 篠田太郎・加藤輝之・勝俣昌己・山田広幸・津口裕茂・竹見哲也・出世ゆかり・ 耿驃, 2011: 第8回「東アジア域でのメソ対流系とハイインパクトな気象に関する国際会議(ICMCS-VIII)」参加報告. 「天気」, Vol.58, No.9, 785-792.

2) 朝岡良浩・飯田真一・岡澤毅・小野圭介・金子紫延・堅田元気・ 熊坂和宏・畔柳剛・小谷亜由美・甲山治・小久保武・佐山敬洋・出世ゆかり・須賀可人・瀬戸心太・相馬一義・大楽浩司・高垣佳永子・ 土屋修一・谷口健司・手計太一・芳賀弘和・服部美紀・花崎直太・廣瀬茂樹・ 馬籠純・松尾奈緒子・山田朋人・芳村圭, 2004: 「新世代の水文学創生のための実験室」活動報告  水文・水資源学会誌, 17, No.4, pp.434-436

1) 村上正隆・三隈良平・上田博・鈴木賢士・川野哲也・坪木和久・小西啓之・ 播磨屋敏生・久芳奈遠美・高橋庸哉・梶川正弘・星本みずほ・中井専人・ 折笠成宏・牛山朋来・橋本明弘・金田幸恵・出世ゆかり, 2001: 第13回国際雲・降水会議参加報告. 「天気」, Vol.48, No.5, 327-339.


 外部資金など

  • 科学研究費補助金・特別研究促進費「2017年3月27日に栃木県那須町で発生した雪崩災害に関する調査研究」(H29、研究分担者)
  • 科学研究費補助金・特別研究促進費「2014年8月豪雨により広島市で発生した土石流災害の実態解明と防災対策に関する研究」(H26、研究分担者)
  • 科学研究費補助金・若手研究B「落雷特性を規定する雷雲の雲微物理構造とその形成過程に関する観測的研究」(H22.04-H24.03、代表者:出世ゆかり)
  • 財団法人中部電力基礎技術研究所 第20期(平成20年度)研究助成「雷雲の予測とメカニズムの解明における低電力マルチパラメーターレーダ利用法 の開発」(H21.04-H22.03、代表者:出世ゆかり)


 学会発表(国内・国際)

<2018年>

  • Ohigashi, T., T. Maesaka, S. Suzuki, Y. Shusse, and N. Sakurai, 2018: Ka-band scanning polarimetric radar observations of clear-air echoes, 2018 AGU fall meeting.
  • 出世ゆかり・鈴木真一・横山仁・前坂剛・木枝香織,岩波越, 2018: 降雹を伴う積乱雲のXバンド偏波レーダー観測, 日本気象学会2018年秋季大会.
  • 大東忠保・前坂剛・鈴木真一・出世ゆかり・櫻井南海子, 2018: Ka帯偏波雲レーダーによって観測される晴天エコー, 日本気象学会2018年秋季大会.
  • 鈴木真一・清水慎吾・前坂剛 ・出世ゆかり・櫻井南海子・岩波越, 2018: Xバンド MP レーダーでとらえた 2013 年 9 月 2 日に埼玉県で発生した竜巻の親雲の時間発展, 日本気象学会2018年秋季大会.
  • Shusse, Y., S. Suzuki, H. Yokoyama, T. Maesaka, K. Kieda, K. Iwanami, K. Hirano, 2018: Development of a hail monitoring algorithm using X-band polarimetric radars in and around the Tokyo metropolitan area, Japan, 2018 North American Hail Workshop.
  • Suzuki, S., Y. Shusse, H. Yokoyama, K. Kieda, K. Iwanami and K. Hirano, 2018: A hail detection algorithm using X-band dual-polarization radar observation network in Japan and its comparison with field survey results of hailfall events, 2018 North American Hail Workshop.
  • Maesaka, T., S. Suzuki, Y. Shusse, and K. Iwanami, 2018: Hail detectability using backscatter differential phase by X-band dual-polarization radar, 2018 North American Hail Workshop.
  • 横山仁・鈴木真一・出世ゆかり・安達聖・岩波越, 2018: 2017年に関東地方で農業被害をもたらした降雹事例, 日本農業気象学会75周年記念大会.

<2017年>

  • 出世ゆかり・前坂剛・岩波越, 2017: Kaバンド偏波レーダーで観測した降雪システムの微細構造, ワークショップ降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究in長岡(16回).
  • 横山仁・鈴木真一・出世ゆかり・安達聖・津野誠司・中村一樹・岩波越, 2017: 関東地方における最近の農業気象災害について, 日本農業気象学会2017年度関東支部例会.
  • 出世ゆかり・前坂剛・岩波越・木枝香織, 2017: 冬季南岸低気圧に伴う降水システムの融解層の3次元分布, 日本気象学会2017年秋季大会.
  • 出世ゆかり・前坂剛・岩波越, 2017: Kaバンド偏波レーダーで観測した降雪システムの微細構造, 日本気象学会2017年秋季大会.
  • 前坂剛・岩波越・鈴木真一・出世ゆかり・櫻井南海子, 2017: 積雲の検出のための雲レーダーデータ品質管理について, 日本気象学会2017年秋季大会.
  • 鈴木真一・出世ゆかり・横山仁・前坂剛・木枝香織・岩波越, 2017: 2017年6月16日の降雹事例に対するXバンドMPレーダーを用いた雹の検出アルゴリズムの検証, 日本気象学会2017年秋季大会.
  • Maesaka, T., K. Iwanami, S. Suzuki, Y. Shusse, and N. Sakurai, 2017: Data quality control of Ka-band cloud radar for detecting cumulus clouds, 38th Conference on Radar Meteorology.
  • 清水慎吾・岩波越・加藤亮平・櫻井南海子・前坂剛・鈴木真一・出世ゆかり・木枝香織, 2017: cloud-scaleにおける熱力学場同化実験の降水予測精度評価, 日本気象学会2017年春季大会予稿集, C153.

<2016年>

  • 前坂剛・岩波越・鈴木真一・出世ゆかり・櫻井南海子, 2016: Kaバンド雲レーダー観測における大気減衰の影響について, 日本気象学会2016年秋季大会予稿集, P138.
  • 加藤亮平・清水慎吾・下瀬健一・前坂剛・鈴木真一・出世ゆかり・櫻井南海子・木枝香織・宇治靖・三隅良平・岩波越, 2016: 局地的大雨に対するナウキャストと数値予測を併合させたブレンディング手法の適用可能性, 日本気象学会2016年秋季大会予稿集, P117.

<2015年>

  • 下瀬健一・清水慎吾・鈴木真一・出世ゆかり・前坂剛・加藤亮平・木枝香織・岩波越, 2015: 3DVAR+IAUを用いた高頻度客観解析による地上風の精度検証, 日本気象学会2015年秋季大会予稿集, P115.
  • Maesaka, T., K. Iwanami, S. Suzuki, Y. Shusse, and N. Sakurai, 2015: Cloud radar network in Tokyo metropolitan area for early detection of cumulonimbus generation, 37th Conference on Radar Meteorology.
  • Iwanami, K., R. Misumi, S. Suzuki, T. Maesaka, S. Shimizu, Y. Shusse, N. Sakurai, K. Shimose, R. Kato, K. Kieda, and Y. Uji, 2015: Plan of the field observation in Tokyo metrolopitan area: Lifecycle of cumulonimbus experiment (LcbEX), 37th Conference on Radar Meteorology.
  • 岩波越・前坂剛・三隅良平・鈴木真一・清水慎吾・出世ゆかり・櫻井南海子・下瀬健一・木枝香織, 2015: Kaバンド雲レーダー観測網について−積乱雲発達の早期予測に向けて−, 気象学会2015年春季大会予稿集, D157.
  • 清水慎吾・前坂剛・木枝香織・下瀬健一・岩波越・鈴木真一・櫻井南海子・出世ゆかり, 2015: 関東地方におけるマイクロ波放射計観測ネットワーク−初期解析報告−, 日本気象学会2015年春季大会予稿集, C210.
  • 下瀬健一・清水慎吾・鈴木真一・出世ゆかり・前坂剛・木枝香織・岩波越, 2015: ドップラーレーダー・ライダーデータを用いた下層風の3DVAR解析−2014年6月13日に降雹をもたらした降水システムの事例−, 日本気象学会2015年春季大会予稿集, C306.
  • 出世ゆかり・前坂剛・木枝香織・三隅良平・櫻井南海子・岩波越,2015: 2014年8月に広島県に豪雨をもたらした降水システムの特徴,自然災害研究協議会中国地区部会研究論文集,9-10.
  • 三隅良平・清水慎吾・出世ゆかり・Shakti P.C.・前坂剛・岩波越,2015:平成27年9月関東・東北豪雨をもたらした降水系の特徴,防災科学技術研究所第11回成果発表会,29.
  • 三隅良平・清水慎吾・出世ゆかり,2014: 2013年伊豆大島豪雨における降水系の特徴,第33回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,107-108.


<2014年>

  • 出世ゆかり・鈴木真一・前坂剛・木枝香織・岩波越, 2014: 2013年7月8日に東京都に降雹をもたらした積乱雲のXバンドMPレーダー観測, 日本気象学会2014年秋季大会予稿集, P135.
  • 岩波越・三隅良平・鈴木真一・前坂剛・清水慎吾・出世ゆかり・櫻井南海子・下瀬健一・木枝香織, 2014: 積乱雲の一生の観測計画II−積乱雲発達の早期予測に向けて−, 気象学会2014年秋季大会予稿集, B201.
  • 清水慎吾・岩波越・中井専人・本田明治・岩本勉之・前坂剛・木枝香織・下瀬健一・鈴木真一・櫻井南海子・出世ゆかり, 2014: 地上設置型マイクロ波放射計ネットワークと精度検証実験の概要, 日本気象学会2014年秋季大会予稿集, P3a5.
  • 櫻井南海子・清水慎吾・出世ゆかり・鈴木真一・前坂剛・木枝香織・岩波越, 2014: 関東の暖候期に発生する積乱雲に対するレーダパラメタを用いた発雷指標の比較検討, 日本気象学会2014年秋季大会予稿集, P341.
  • 前坂剛・鈴木真一・出世ゆかり・岩波越, 2014: XバンドMPレーダーで観測した降雹を伴う積乱雲の後方散乱偏波間位相差について, 日本気象学会2014年秋季大会予稿集, C308.
  • 鈴木真一・出世ゆかり・清水慎吾・前坂剛・櫻井南海子・岩波越, 2014: 2013年9月2日に埼玉県・千葉県で発生した竜巻の親雲のXバンドMPレーダによる観測, 日本気象学会2014年秋季大会予稿集, B102.
  • Shusse, Y., S. Suzuki, T. Maesaka, K. Kieda, and K. Iwanami, 2014: X-band polarimetric radar observation of a hailstorm over Tokyo, Japan, on 8 July 2013. European hail workshop.

<2013年>

  • 出世ゆかり・岩波越・三隅良平・鈴木真一・前坂剛・清水慎吾・櫻井南海子・木枝香織,2013: 関東平野で発生した夏季雷雲の雲微物理構造と時間発展,日本気象学会2013年度秋季大会講演予稿集,P126.
  • 出世ゆかり・真木雅之・岩波越・三隅良平・前坂剛・清水慎吾・櫻井南海子,2013: 夏季積乱雲における降水コアの挙動と地上降雨との対応,日本地球惑星科学連合 2013年連合大会,AAS23-05.
  • 出世ゆかり・真木雅之・岩波越・三隅良平・前坂剛・清水慎吾・櫻井南海子,2013: 夏季積乱雲における降水コアの挙動と地上降雨との対応,日本気象学会2013年度春季大会講演予稿集,A202.

<2012年>

  • 櫻井南海子・清水慎吾・出世ゆかり・岩波越・前坂剛・鈴木真一・三隅良平,2012: XバンドMPレーダと広帯域VHF帯デジタル干渉計を用いた夏季に発生する雷雲の3次元観測—MPレーダを用いた雷監視システム構築に向けた研究—,日本気象学会2012年度秋季大会講演予稿集,P126.

<2011年>

  • 岩波越・鈴木真一・三隅良平・前坂剛・清水慎吾・櫻井南海子・金東順・真木雅之・出世ゆかり・岩崎博之,2011: 積乱雲の一生の観測計画 −局地的大雨の早期予測に向けて−,日本気象学会2011年度秋季大会講演予稿集,C211.
  • 出世ゆかり・真木雅之・岩波越・三隅良平・鈴木真一・加藤敦・前坂剛・清水慎吾・平野洪賓・櫻井南海子・木枝香織,2011: 2010年7月5日に東京都北部豪雨をもたらした降水システムの雨滴粒径分布と降水セルの振る舞い,日本気象学会2011年春季大会予稿集,A405.
  • 真木雅之・前坂剛・岩波越・三隅良平・鈴木真一・加藤敦・清水慎吾・櫻井南海子・キムドンスン・出世ゆかり・平野洪賓・山田正・小林文明・佐野哲也・砂田憲吾・守屋岳・山路昭彦・杉本聡一郎・平口博丸・川田真也・吉井護・リードンイン・木枝香織・星亜由美,2011: 首都圏におけるXバンドマルチパラメータレーダネットワーク(X-NET),日本地球惑星科学連合 2011年連合大会,U022-P01.
  • 真木雅之・三隅良平・鈴木真一・前坂剛・加藤敦・栢原孝浩・清水慎吾・若月強・出世ゆかり・平野洪賓・中谷剛・岩波越・櫻井南海子・キムドンスン・石原正仁・中村功・服部敦・土屋修一・加藤琢磨・山路昭彦・村山泰啓・吉原貴之・藤吉康志・鈴木靖・牛尾知雄・砂田憲吾・山田正・中森広道・小林文明・横山仁・平口博丸・田村雅直・川田信也・吉井護・池谷充隆・林晃・土屋信行・外狩麻子・後藤宗春・大塚清敏・和田将一・ドンインリー・チャンドラー,2011: 気候変動に強い都市創り社会実験,日本地球惑星科学連合 2011年連合大会,U022-01.
  • M.Maki, R.Misumi, S. I. Suzuki, T. Maesaka, A. Kato, T. Kayahara, S. Shimizu, T. Wakatuski, Y. Shusse, K. Hirano, T. Nakatani, K. Iwanami, N. Sakurai, D. S. Kim, M. Ishihara, T. Kobayashi, A. Adachi, O. Suzuki, H. Yamauchi, H. Nakamura, A. Hattori, S. Tuchita, T. Kato, A. Yamaji, Y. Murayama, T. Yoshiwara, Y. Fujiyoshi, Y. Suzuki, T. Ushio, K. Sunada, T. Yamada, H. Nakamori, F. Kobayashi, H. Yokoyama, H. Hiraguchi, S. Kawada, M. Yoshii, A. Togari, M. Goto, K. Otsuka, M. Wada, D. I. Lee, and C. V. Chandra, 2011: Monitoring and prediction of torrential tainfall for extreme weather resilient cities, 35th Conference on Radar Meteorology, 148."


<2010年>

  • 清水慎吾・前坂剛・岩波越・櫻井南海子・出世ゆかり・三隅良平・加藤敦・鈴木真一・木枝香織・小林文明・真木雅之,2010: 2010年7月5日に東京都北部に豪雨をもたらした降水システムの同化・予測実験,日本気象学会2010年度秋季大会講演予稿集,A113.