国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

平成25年秋田・岩手豪雨:仙北市田沢湖町田沢供養佛での聞き取り調査

 調査の内容


調査者

三隅 良平中谷 剛若月 強・磯 敦雄・郄橋 尚也

調査目的

仙北市田沢湖田沢供養佛地区における、平成25年8月9日豪雨の経過および防災情報の伝達状況の把握

日程

平成25年9月12日〜13日

実施内容

周辺住民へのインタビュー

 降雨と市役所の対応状況


仙北市対応.jpg

 調査結果の概要


・多くの住民が、この地区は豪雨に対して安全と考えていた。また豪雨発生時には、土石流よりも先達川の氾濫を警戒した。

・8月9日は朝8:30頃から水路が増水するなどしていた。斜面が崩壊する直前には、濁った水が道路を流れるなどの兆候が見られた。

・土石流発生後、住民が協力して救助活動にあたり、その後避難した。

 調査結果


女性の証言


項目 証言
大雨洪水警報の発表 知らなかった
土砂災害警戒情報の発表 知らなかった
災害の兆候 周囲が暗くなるほどの雨が降り、水が出た。先達川の氾濫を心配した。斜面が崩れる前にも水が出て、人も外に出てきた。土石流はものすごい音で、近所の家が倒れかかった。
災害時の行動 すぐ避難した
過去の災害 知らない。40年以上住んでいるが、安全だと思っていた。

男性の証言


項目 証言
大雨洪水警報の発表 知らなかった
土砂災害警戒情報の発表 知らなかった
災害の兆候 出勤時、携帯でレーダ雨量を確認したところ、真っ赤であった。帰宅できるかどうかを心配した。会社から家に電話したが、不通。家に帰ろうとしたが、冠水で渋滞していた。土石流の後は、家の前の道路が膝まで冠水していた。
災害時の行動 避難できる状況ではなかった。家にいた者がガラスで怪我をした。
過去の災害 知らない。仙北市内でも一番安全な場所だと思っていた。

女性の証言


項目 証言
大雨洪水警報の発表 知らなかった
土砂災害警戒情報の発表 知らなかった
災害の兆候 出勤した家人が10時頃帰宅した。
災害時の行動 10時過ぎに知人宅へ避難した。
過去の災害 知らない。

女性の証言


項目 証言
大雨洪水警報の発表 知らなかった
土砂災害警戒情報の発表 知らなかった
災害の兆候 降雨時は先達川を見ていた。8:30-9:00頃、川の水が道路を流れ、先達川の脇にある畑が水没した。
災害時の行動 すぐ避難した
過去の災害 50年くらい前にあった。

女性の証言


項目 証言
大雨洪水警報の発表 知っていた(テレビ)
土砂災害警戒情報の発表
災害の兆候 すごい雨だった。家の前を赤い水が流れた。土管の水があふれ、見に行ったら土石流現場から1人が救助されていた。心肺蘇生措置をして救急隊に引き継いだ。
災害時の行動 女性は男性に言われて、すぐに避難した。
過去の災害

男性の証言


項目 証言
大雨洪水警報の発表
土砂災害警戒情報の発表
災害の兆候 雨粒が大きく、トタンに穴があくと思うほどであった。土石流の起こった山は、ガスで見えなかった。10時頃仕事を中止した。川の水位が一気に上がった。上の方で電柱が倒れだし、道には黒い水が流れ、膝上の水位になった。
災害時の行動 生き埋めになった方を救助し、蘇生措置を行った。避難しないといけないと話していたが、救助でそれどころではなかった。
過去の災害

男性の証言


項目 証言
大雨洪水警報の発表
土砂災害警戒情報の発表
災害の兆候 8:00頃が雨のピークで、自宅近くの水路を確認した。10:50頃、道路に水と砂が流れ始めた。11:20頃、道路を流れていた水が濁り始めた。11:30頃、斜面が崩壊するのを見た。樹木が土砂とともに流れ、近くの家が潰された。
災害時の行動 発災後、消防署に電話し、住民に避難を促した。その後自分も避難した。
過去の災害 避難訓練は、秋田駒ヶ岳の噴火を想定していたが、土砂崩れは想定外であった。

女性の証言


項目 証言
大雨洪水警報の発表
土砂災害警戒情報の発表
災害の兆候 傘が揺れるような雨だった。家の前で土石流を目撃した。山側の家が見えなくなった。
災害時の行動 すぐ通報した。当時を思い出し、いまだに震えている。
過去の災害

2013年8月9日秋田県・岩手県の豪雨