国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

清水 慎吾


インストール関係備忘録

Linux関連インストール備忘録

Algorithm for Identification and Tracking of Convective Cell (AITCC)

2013年7月2日にプログラムver1を公開しました
AITCCのプログラムを使用したい場合は、shimizus@bosai.go.jpに直接連絡をください。


NetCDF-Perlに関する技術メモ

NetCDF-Perlの技術メモ

連絡先



経歴

1993年-1996年
東京都立国立高校
1997年-2001年
北海道大学理学部物理系 (地球科学科 気象学研究室)
2001年-2003年
名古屋大学大学院環境学研究科 博士前期課程 (地球水循環研究センター)
2003年-2006年
名古屋大学大学院環境学研究科 博士後期課程 (地球水循環研究センター)
2006年-2008年3月
防災科学技術研究所 契約研究員(研究員型)
2008年4月-2010年7月
防災科学技術研究所 任期付研究員
2010年8月-2012年3月
防災科学技術研究所 研究員
2012年4月から
防災科学技術研究所 主任研究員

学位

名古屋大学 2007年 博士(理学)
「Study on maintenance mechanism of convective cells in meso-scale convective systems in humid subtroipical region」
「亜熱帯湿潤域におけるメソ対流系内の対流セルの維持機構に関する研究」

これまでの研究内容

  • 亜熱帯湿潤域における降水システムの維持機構の解明
  • 複数台のドップラーレーダによる三次元気流場の算出法
  • 雲解像数値モデルCloud Resolving Storm Simulator(CReSS)による再現実験
  • 対流セルの自動追跡アルゴリズム開発
  • CReSSの三次元変分法同化手法の開発

筑波大学の連携講座の受講生へ

new!! 気象数値予測(その1):基礎


Dual-Doppler radar analysis

Download page for the Multiple-Doppler radar analysis for retreving three-dimensional wind field

防災科研での研究内容

  • 複数台のドップラーレーダを用いた3次元変分法の解析法と雲解像モデルCReSSを活用して、レーダデータのデータ同化という新しい研究に取り組んでいます。
  • プロジェクトのサブテーマ1の中の「降水短時間予測モデルの開発」を担当します。







研究実績(清水慎吾)


 査読論文 (2014.01.20)

  • Radar reflectivity and wind fields analysis by using two X-band Doppler radars at Okinawa, Japan from 11 to 12 June 2007, Meteorological Applications, Sang-Min Jang, Dong-In Lee, Jong-Hoon Jeong, Sung-Hwa Park, Shingo Shimizu, Hiroshi Uyeda, Young-Sang Suh

  • Behavior and structure of convective clouds developing around a mountainous area observed by stereo photogrammetry and Ka-band and X-band radars: case study of northern Kanto, Japan. JMSJ, 91, 609-626, Nishiwaki, N., R. Misumi, S. Shimizu, T. Maesaka, K. Iwanami, N. Sakurai, M. Maki, S.-I. Suzuki, A. Kato, and A.. Yamaji, 2013:

  • Algorithm for the Identification and Tracking Convective Cells based on constant and adaptive threshold methods using a new cell-merging and -splitting scheme, 2012: S.Shimizu, H. Uyeda. J. Meteor. Soc. Japan, 90, 869-889.

  • Multiple Doppler radar analysis for retrieving the three-dimensional wind field within thunderstorms, 2012: S.Shimizu. In Tech Press, "Doppler Radar observations", Chapter 9. 231-246.


  • Correction of reflectivity in the presence of partial beam blockage over a mountainous region using X-band dual polarization radar. Shakti P.C., M. Maki, S. Shimizu,T. Maesaka, D.-S. Kim, D.-I. Lee and H. Iida, J. Hydro. accepted

  • Dual-Doppler radar analysis of the enhancement of a precipitation system on the northern side of Mt. Halla, Jeju island, Korea on 6 July 2007: K. -O. Lee, H. Uyeda, S.Shimizu, 2012: Atoms. Res., 118,133-152.

  • Case study of misoscale convective echo behavior associated with cumulonimbus development Observed by Ka-band Doppler Radar in the Kanto Region, Japan, 2012: N. Sakurai, K. Iwanami, S. Suzuki, T. Maesaka, S. Shimizu, R. Misumi, D. S. Kim, M. Maki. SOLA, 8,107-110.



  • 数値気象モデルを用いたSAR干渉解析における大気遅延誤差の軽減,2010, 小澤拓・清水慎吾,測地学会誌「合成開口レーダーの測地学・地球科学研究への応用」特集号,56,137-147.

  • Migration Process and 3D wind field of precipitation systems associated with a diurnal cycle in west Sumatera: Dual-Doppler radar analysis during the HARIMAU2006 campaign, 2010: N. Sakurai, S. Mori, J. Hamada, S.Shimizu, M. D. Yamanaka, J. Matsumoto. J. Meteor. Soc. Japan., 89,341-361.

  • Enhancement mechanism of the 30 June 2006 precipitation system observed over the northwestern slope of Mt. Halla, Jeju Island, Korea, 2010: Atmospheric Research, K.-O. lee, S.Shimizu, M. Maki, C. -H. You, and D. -In. Lee. 97,343-358

  • Multi-Parameter Radar Observation of a Downburst Storm in Tokyo on 12 July 2008; SOLA,vol=6,page=53-56, 2010: S. Suzuki, T. Maesaka, K. Iwanami, R. Misumi, S. Shimizu, and M. Maki


  • X-band Dual-Polarization Radar observations of precipitation core development and structure in a multi-cellular storm over Zoshugaya, Japan, on August 5, 2008: D. -S. Kim, M. Maki, S. Shimizu,J. Meteor. Soc. Japan., 90,701-719.

  • Improving GPS positioning estimates during extreme weather situations by the help of fine-mesh numerical weather models, 2010: Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics, vol=72,262-270: T. Hobiger, S. Shimada, S. Shimizu, R. Ichikawa, Y. Koyama, and T. Kondo.


  • Longevity mechanism of convective cells observed in the Downstream Region of the Yangtze River during the Meiyu Peirods . J. Meteor. Soc. Japan, 2009: S. Shimizu and H. Uyeda (Now Minor revising)

  • Structure and formation mechanism of a 24 May 2000 supercell-like storm developing in a moist environment over Kanto plain, Japan. 2008: Mon. Wea. Rev. vol=7,page=2389-2407 S.Shimizu, H. Uyeda, Q. Moteki, T. Maesaka, Y. Takaya, K. Akaeda, T. Kato, M. Yosizaki:




  • Multilple frontal structures in the Baiu frontal zone observed by aircraft on 27 June 2004. Scientific Online Letters on the Atmosphere,2,132-135, Q. Moteki, S. Shinoda, S. Shimizu,S. Maeda, H. Minda, K. Tsuboki, and H. Uyeda. 2006

 査読なし論文 (2013.02.01)


  • 三次元風速場の推定のための変分法を用いた複数台ドップラーレーダデータの解析手法,防災科学技術研究所研究報告,70,1-5,清水 慎吾,前坂 剛


  • 雲解像数値モデルによる降雨量予測実験 -2004年10月9日の台風22号の事例解析-:防災科学技術研究所研究報告,78,1-14,清水 慎吾,加藤敦,前坂剛、木枝香織


  • MPレーダを用いた台風事例の降雨短時間予測 -相関法と風向風速法の結合した移動ベクトル推定手法-:防災科学技術研究所研究報告,78,15-24,加藤敦,清水 慎吾,真木雅之, 岩波越、前坂剛

  • 竜巻発生時の気象状況と竜巻及び竜巻を生み出したストームの特徴, 風工学学会会誌 2013, 石原正仁、小林文明、佐々浩司、清水 慎吾,新野宏, 林泰一、山根悠介、若月泰孝、投稿中

 特許出願(2013.02.01)

前坂剛・清水慎吾・鈴木真一・真木雅之・守屋 岳・鈴木 靖・増田有俊:「風予測装置及びプログラム」(出願 2008-266664)

 特別研究促進費報告(2013.02.01)

  • ドップラーレーダ情報を利用した竜巻発生予測に関する研究 -台風0111に伴って発生した竜巻の事例- 前坂 剛, 清水 慎吾 真木 雅之, 岩波 越, 三隅 良平


  • 平成24年5月6日に北関東で発生した竜巻の発生メカニズムと被害実態の総合調査研究 -竜巻を引き起こしたスーパーセルの数値シミュレーションおよびデータ同化実験- 清水 慎吾, 若月泰孝


 国際学会プロシーディング(2010.03.01)

  • Development for radar data assimilation using 3DVAR in X-net; radar network, World Meteorological Organization Symposium on Nowcasting, (Whistler, Canada) 2009/9,S. Shimizu, T. Maesaka, S. Shimada, R. Misumi, K. Iwanami, and M. Maki

  • Development for a radar data assimilation procedure using specific differential phase, 5th European Conf. Radar in Meteorology and Hydrology. (Helsinki, Finland) 2008/6, S. Shimizu, T. Maesaka, R. Misumi, K. Iwanami, and M. Maki


  • Development for a nudging assimilation procedure of cloud resolving storm simulator using multi-parameter radar data. 33rd international conference on radar meteorology, Cairns, Austraria (2007). S. Shimizu, T. Maesaka and R. Misumi, K. Iwanami, M. Maki, T. Yamada, S. Tsutiya, W. Sato.

  • Maintenance mechanism of convective cells within mesoscale convective system in humid subtropical region. GAME conference, Kyoto, Japan, Dec 23-25, 2004. Shimizu S., H. Uyeda, K. Tsuboki, T. Shinoda, Y. Takaya, T. Kato, M. Yosizaki, H. Yamada and B. Geng(2004):

  • Maintenance mechanism of convective cells within mesoscale convective system in humid subtropical region. 14th International Conference on Clouds and Precipitation (ICCP2004), Bologna, Italy, July 18-23, 2004. Shimizu S., H. Uyeda, K. Tsuboki, T. Shinoda, Y. Takaya, T. Kato, M. Yosizaki, H. Yamada and B. Geng(2004):


  • Humidity distribution determining lifetime of convective cells within Mesoscale Convective System, observed in Jun 2001 near Shanghai. Annual meating for corpolation between Japan and China, Wufan, China, Aug 20-24, 2003. Shimizu S., H. Uyeda, K. Tsuboki, T. Shinoda, Y. Takaya, T. Kato, M. Yosizaki, H. Yamada and B. Geng(2003):


  • Characteristics of environment determining lifetime of convective cells within Mesoscale Convective System in humid subtropical region. International Union of Geodesy and Geophysics XXIII General Assembly, June 30 - July 11, Sapporo, Japan. Shimizu S., H. Uyeda, K. Tsuboki, T. Shinoda, Y. Takaya, T. Kato, M. Yosizaki, H. Yamada and B. Geng(2003):

  • The Relation between Distribution of Humidity and Types of Rainfall on Three Rainbands near Shanghai during Meiyu Period in 2001. International Conference on Mesoscale Convective Systems and Heavy Rainfall/Snowfall in East Asia, 13-18, 29-31 October, Tokyo, Japan. Shimizu S., H. Uyeda, T. Shinoda, K. Tsuboki, H. Yamada and B. Geng (2002)

  • Maintenance Mechanism of a 24 May 2000 Supercell Developing in Moist Environment over the Kanto Plain, Japan. Proc. of International Conference on Mesoscale Meteorology and Typhoon in East Asia, 30-35, 26-28 September 2001, Taipei, Taiwan. Shimizu S., H. Uyda, Q. Moteki, T. Maesaka, Y. Takaya, K. Akaeda, T. Kato and M. Yosizaki (2001)

  • Maki, R., T. Shinoda, S. Shimizu, K. Tsuboki, H. Minda, K. Nakamura, and H. Uyeda: Statistical features of precipitation cells observed around the Meiyu/Baiu front. The Fourth China-Japan Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS), Beijing, China, Proc. of the fourth Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS), 25--28, September 19-22, 2006.


 国内での発表(2010.03.01)

  • 2009年10月8日に茨城県で突風災害を起こしたレインバンドに関するデータ同化・予測実験 -6台のX-bandレーダデータのインパクト- 日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集.(東京) 2010/05, 清水慎吾・前坂 剛・鈴木真一・岩波 越・真木雅之・三隅良平・加藤敦・櫻井南海子・木枝香織・星亜友美・山田正・小林文明・増田有俊・鈴木靖・山路昭彦・竹下航



  • 動径風とGPS可降水量のデータ同化インパクト -2006年7月15日の事例解析-,日本気象学会2009年度秋季大会講演予稿集.(福岡) 2009/11, 清水慎吾・島田誠一・前坂 剛・三隅良平・岩波 越・真木雅之

  • 首都圏Xバンドレーダネットワーク(X-net)データを利用した風速の三次元変分法同化システムの開発,日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集94,92.(仙台) 2008/11 清水慎吾・前坂 剛・三隅良平・岩波 越・真木雅之,2008,


  • 2001年8月22日埼玉県羽生市で発生した台風11号に伴う竜巻の発生予測実験-(2007) 日本気象学会2007年春季大会講演予稿集, 330.. 清水慎吾前坂 剛三隅 良平岩波 越・真木 雅之(2007)

  • マルチパラメータレーダデータを用いたデータ同化手法の開発 -ナッジング法を用いたデータ同化-(2006) 非静力学モデルフォーラム,5-10. 清水慎吾前坂 剛三隅 良平岩波 越・真木 雅之・山田 正・土屋 修一・佐藤 航(2006)


  • マルチパラメータレーダデータを用いたデータ同化手法の開発(1) -CReSSを用いた予測システムの構築-(2006) 日本気象学会2006年春季大会講演予稿集, 330. 清水慎吾前坂 剛三隅 良平岩波 越・真木 雅之・山田 正・土屋 修一・佐藤 航(2006)

  • 湿潤環境場における対流セルの寿命の統計解析のための対流セル自動検出・追跡アルゴリズムの開発 日本気象学会2005年秋季大会講演予稿集, 278.清水慎吾・上田博・山田広幸・耿驃 (2005)

  • 湿潤環境場における対流セルの寿命と蒸発冷却による浮力生成量の関係,日本気象学会2005年春季大会講演予稿集, 223.清水慎吾・上田博・篠田太郎・坪木和久・山田広幸・耿驃・加藤輝之 (2005)


  • 2001年長江下流域梅雨期集中観測で観測された対流セルの特性を決定する環境場の三次元構造(2003). 日本気象学会2003年春季大会講演予稿集, 322. 清水慎吾・上田博・篠田太郎・坪木和久・山田広幸・耿驃 (2003)

  • 2001年長江下流域における梅雨期集中観測によって得られた降水システムの構造とその環境場の評価, 日本気象学会2002年春季大会講演予稿集, 355. 清水慎吾・上田 博・茂木耕作・篠田太郎・坪木和久・山田広幸・耿 驃 (2002)

  • 湿潤な環境場におけるスーパーセルの発達・衰退過程,戦略的基礎研究「メソ対流系の構 造と発生・発達のメカニズムの解明」夏の研究集会−「豪雨・豪雪をもたらす気象擾乱」, 120-123,2001年8月29日-31日, 北海道大学低温科学研究所.清水 慎吾・茂木 耕作・前坂 剛・上田 博・高谷 美正・赤枝 健治・加藤 輝之・吉崎 正憲 (2001)

  • 2000年5月24日に関東地方で降雹をもたらしたスーパーセルの発達期の三次元構造, 清水 慎吾・茂木 耕作・前坂 剛・上田 博・高谷 美正・赤枝 健治・加藤 輝之・吉崎 正憲 田中 恵信(2001)

  • 局地気象擾乱のリアルタイム監視レーダネットワーク(X-NET), 日本気象学会2007年春季大会講演予稿集, 88.真木 雅之, 前坂 剛, 岩波 越, 三隅 良平, 加藤 敦, 鈴木 真一, 清水 慎吾, 木枝香織, 山田 正, 平野 廣和, 小林 文明, 平口 博丸, 楠 研一, 鈴木 靖, 有沢 雄三, Kim Dong-Soon, Lee Dong-In (2007)

  • Xバンド偏波レーダによる降雨観測における簡易減衰補正, 日本気象学会2007年春季大会講演予稿集, 128. 岩波 越, 前坂 剛, 木枝香織, 真木 雅之, 三隅 良平, 清水 慎吾 (2007)

  • 梅雨期に東アジアで観測された降水セルの統計的特徴, 日本気象学会2007年春季大会講演予稿集, 99. 篠田太郎, 真木 亮, 清水 慎吾, 坪木 和久, 上田 博 (2007)

  • MPレーダーを用いた豪雨強風監視システムの推定値と地上観測値の比較(1) -地上観測器のパフォーマンスチェック-, 日本気象学会2006年度秋季大会,前坂 剛,三隅 良平,清水 慎吾,岩波 越, 真木 雅之(2006)

  • CPEA-I期間中に観測されたスマトラ島における西進する雲システムの内部構造について,文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「赤道大気上下結合」平成18年度公開ワークショップ報告集, 櫻井南海子, 川島正行,藤吉康志,橋口浩之,下舞豊志,森修一,濱田純一,村田文絵,清水慎吾,山中大学(2006)

  • 寒気の吹き出しが弱まりつつある場において観測された線状降雪帯の構造,日本気象学会2006年春季大会講演予稿集, 243. 石塚 暁, 坪木 和久,上田博,篠田太郎,大東忠保,清水慎吾(2006)

  • 2004年梅雨期に沖縄周辺で観測された降水セルの特徴に関する統計的な解析, 日本気象学会2006年春季大会講演予稿集, 134. 真木 亮, 篠田 太郎, 清水 慎吾・坪木 和久・中村 健治・民田 晴也(2006)

  • 熱帯海洋上の大気境界層内の鉛直循環に関する数値シミュレーション. 日本気象学会2006年度春季大会,125. 篠田太郎・坪木和久・米山邦夫・勝俣昌己・清水慎吾・上田 博 (2006).

  • 2004年梅雨期に沖縄周辺で観測された降水セルの特徴に関する統計的な解析. 日本気象学会2006年度春季大会,454. 真木 亮・篠田太郎・上田 博・坪木和久・清水慎吾・中村健治・民田晴也(2006).

  • PALAU2005で観測されたクラウドクラスターの内部構造,日本気象学会2005年秋季大会講演予稿集, 65. 郷原 健, 上田博, 清水慎吾, 坪木 和久, 茂木 耕作, 牛山 朋来, 勝俣昌己, 城岡 竜一(2005)

  • Possible mechanism for prevalence of midlevel convections to south of the Meiyu front, 日本気象学会2005年春季大会講演予稿集, 134. Cheng-zhong Zhang, H. Uyeda, S. Shimizu, H. Yamada, B. Geng(2005)

  • 梅雨前線の南東側で観測された線状降水帯の構造. 日本気象学会2005年度秋季大会,379. 河野圭丞・坪木和久・上田博・篠田太郎・清水慎吾・遠藤智史・中村健治・中川勝広(2005).

  • 梅雨前線に伴う沖縄島を通過した線状降水システムの構造の変化. 日本気象学会2003年度秋季大会,183. 野村真奈美・上田 博・坪木和久・篠田太郎・大東忠保・佐野哲也・服部美紀・清水慎吾・内藤大輔・坂下佳一郎・民田晴也・檜山哲哉・中村健治・中川勝広(2003).

  • 冬期雷をもたらす雪雲の内部構造解析と地上降雪粒子観測, 戦略的基礎研究「メソ対流系の構造と発生・発達のメカニズムの解明」夏の研究集会−「豪雨・豪雪をもたらす気象擾乱」, 2001年8月29日-31日, 北海道大学低温科学研究所 前坂 剛・上田 博・篠田 太郎・茂木 耕作・清水 慎吾・西岡 友子・工藤 玲・上 浩一郎・新庄 一雄 (2001).

一般公開(雨粒実験)

2007年4月22日に行われた一般公開で、私たちレーダグループからは
落下中の雨粒の形を観察できる装置を作り、発表した。

ファイルが存在しません。


より詳しい説明は
ファイルが存在しません。


所内共通プログラム置場(清水)