国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

2008年4月8日大雨被害調査


調査目的

 2008年4月7日から8日に発生した低気圧に伴う大雨により、東京都東大和市で浸水被害が発生し、また東京都あきる野市、神奈川県川崎市と横須賀市で土砂災害が発生した。都市域の気象災害の実態を把握し、今後の研究に資するため、これらの土砂災害や浸水被害の現地調査を実施したのでその結果を報告する。

調査行程

kanto_hakutizu.jpg
平成20年4月11日(金)

  • 東京都東大和市清水付近の浸水被害の調査
  • 東京都あきる野市へ移動。あきる野市養沢で土砂災害の調査
  • 神奈川県川崎市西生田で土砂災害の調査
  • 神奈川県横須賀市浦賀丘で土砂災害の調査

調査メンバー

水・土砂防災研究部の三隅 良平若月 強・高堀 章・植竹 政樹の4名

災害概要


 2008年4月8日大雨における気象状況


 東大和市の被害調査結果(平成20年4月8日大雨)


 あきる野市の被害調査結果(平成20年4月8日大雨)


 川崎市の被害調査結果(平成20年4月8日大雨)


 横須賀市の被害調査結果(平成20年4月8日大雨)