国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門
トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

2015年台風18号による鹿沼市の斜面崩壊・河岸侵食(速報)

本件に関する連絡先

 水・土砂防災研究ユニット 若月
 アウトリーチグループ担当者 菊地・三好(029-863-7784)

概要

平成27年台風18号に伴う豪雨によって,大規模洪水や浸水,斜面崩壊,河岸侵食など様々な被害が発生した.防災科学技術研究所は,災害翌日の9月11日に鹿沼市とさくら市で被害状況調査を実施した.その結果,いくつかの斜面崩壊と河岸侵食が確認できたので報告する.なお,災害直後であり救助活動等が進行中であるため,災害現場での詳細な測量や聞き取りは行わなかった.

現地調査日−2015年9月11日
調査担当−鈴木 真一若月 強加藤 亮平・酒井 将也(水・土砂ユニット)
       崔 青林・磯野 猛・佐野 浩彬・佐藤 良太(災害リスクユニット)

写真 鹿沼市日吉町の斜面崩壊の様子. 
鹿沼市日吉町.jpg


詳細はPDFファイル↓でご覧下さい

鹿沼市の斜面崩壊・河岸侵食.pdf(177)
(速報につき修正・更新される場合があります。)



2015年台風18号による鹿沼市の斜面崩壊・河岸侵食(速報)
http://mizu.bosai.go.jp/c/c.cgi?key=2015_Kanuma